特撮AVにハマった!

作品レビュー

ネタバレ注意!

美少女剣士ATHENA 加瀬あゆむ

パッケージ画像

出演

  • 加瀬あゆむ(アテナ)

レビュー

美少女剣士アテナ。制作したGIGAの中では"アニメヒロイン"に分類されていて、コスチュームはもちろんのこと、ストーリーやキャラ設定もかなりアニメ的。

王家の血を引く主人公アテナは、幼少の頃から王家に仕える執事の蛇蔵と共に、世界を滅ぼそうとする組織『世界の終』を倒すため、旅に出る。その長い長い旅路で、幾多の困難を乗り越え、剣士としても、女としても成長していく……、という冒険ファンタジー。ただし、この作品で描かれているのは、すでに旅の終盤、『世界の終』のアジトを見つけて、ラスボスとの(エッチな)最終決戦を迎えるところ。

ストーリーや世界観など、ファンタジー好きなら多少は食指が動きそうな作品ではあるが、所々に実写ゆえの難しさが垣間見えているため、過度な期待を抱いていると、興醒めしてしまう可能性アリ。というのは言い過ぎだけど、ある程度は想像力での修正が必要。もっとも、これらは単純に、野外ロケの場所が街の一角だからファンタジー感は少な目ってだけの話なので、細かい事を気にしないタイプのユーザーにとっては大した問題ではない。

なんだかんだ言っても、主演の加瀬あゆむさんのファンや、この手のコスチュームが好きな人であれば、それなりには楽しめる。GIGAアクション女優ならではの開脚っぷりや、ムチムチの太ももも健在。主人公が剣士という事で、野外での剣を使ったアクションがあり、エロに関しても、オナニーと凌辱の2パターンある。とは言え、全体的に平々凡々とした作品なので、どうしても気になって眠れない!って人だけ要チェック。

エロシーンまとめ

疼き

[11分]

旅の途中、しばし休息をとる二人。アテナは横になり眠ろうとするが、先の戦闘時に怪人から浴びせられた催淫ガスによって体が疼き始める。しかし、オナニーをしようにも、執事が起きているため必死に耐える事しか出来ない。すると、モゾモゾと悶えるアテナを心配した執事が、水を汲みに行くために外出。ここぞとばかりにオナニーを始めるアテナ。がっつりオナって、果てたところで執事帰還! 恥ずかしい姿を見られて精神的ダメージを負う……。とりあえず、ピンク過ぎるアンスコが激エロ。

凌辱

[37分]

ストーリーがだいぶ進み、いよいよクライマックス! 実は"世界の終"のボスだった執事に犯されるアテナ。怪人に抑えられながら、執事におっぱい揉まれ、パンスト破かれて手マン、さらにまんぐり返しクンニの後にチンポ挿入で本番スタート。ハメられながら涎を垂らすアテナは、嫌がりながらも、ついつい声が出てしまい、感じまくりながらバックでフィニッシュ。最後にもう一発豪快な騎乗位でハメてから快楽堕ちして、魔族の性奴隷になり終了。