特撮AVにハマった!

作品レビュー

※ネタバレ注意!!

KUNOICHI 桐風(凌辱編、脚フェチ編、接吻編、痴女編) 西山あかり

本編93

出演

  • 西山あかり

レビュー

濃厚なオレンジレッドの近未来型KUNOICHI・桐風。マスクの下に隠されたキュートな素顔と、シースルーのタイツから透ける生々しいおっぱいで私の股間を刺激するのは、西山あかりさんという女優さん。ググっても作品が殆ど出てこないので、かなり無名の女優さんと思われるが、個人的にはかなり好みの顔。

肝心の内容の方は……、まぁ可もなく不可もなく、という無難な感想しかない。せっかくのエロいおっぱいが存分に生かされてないのは残念だが、それなりの実用性はある。と言っても抜きどころは痴女編のフェラシーンとパイズリくらいしかない。顔がタイプならなんとかなるけど、凌辱編と脚フェチ編が寂しすぎて、コスパは悪め。西山あかりさんが可愛いのにちょっともったいない!!!

エロシーンまとめ

凌辱編

(22分)

拘束状態で、まずは軽い全身お触りからスタート。おっぱい揉んで下半身を弄ったら、電マ登場。この辺は怪人が無言で責める地味な展開がしばし続くが、終盤に差し掛かかると状況は一変! 怪人がいきなり腹パン食らわせ、偽物オチンチンをブチ込む。さらに、別の男が来てマスクを剥ぎ取ると、茶髪が似合うエロ系の可愛い素顔が露わに! バーギャグまで装着され、最後は静かに絶頂を迎える。

  1. 凌辱編 1枚目
  2. 凌辱編 2枚目
  3. 凌辱編 3枚目
  4. 凌辱編 4枚目
  5. 凌辱編 5枚目
  6. 凌辱編 6枚目
  7. 凌辱編 7枚目
  8. 凌辱編 8枚目
  9. 凌辱編 9枚目
  10. 凌辱編 10枚目
  11. 凌辱編 11枚目
  12. 凌辱編 12枚目

脚フェチ編

(21分)

気を失った桐風に下忍が忍び寄る。脚フェチである下忍は、ここぞとばかりに太ももをサワサワ。そして、淫術をかけられた桐風の両足が性感帯に変化。下忍はブーツを脱がし、足の指をたっぷりシャブり尽くした後、ローターで足裏責め。快感に打ちひしがれ、悶えまくる桐風!

  1. 脚フェチ編 1枚目
  2. 脚フェチ編 2枚目
  3. 脚フェチ編 3枚目
  4. 脚フェチ編 4枚目
  5. 脚フェチ編 5枚目
  6. 脚フェチ編 6枚目
  7. 脚フェチ編 7枚目
  8. 脚フェチ編 8枚目
  9. 脚フェチ編 9枚目
  10. 脚フェチ編 10枚目

接吻編

(23分)

椅子に拘束された桐風の唇に吸い付く下忍。嫌がる桐風の首を絞め、口の中に無理矢理舌をねじ込む……。という感じで、前半部分は普通の接吻編といったところ。しかし、途中で淫術をかけられると、舌が制御不能になり、軽く精神もコントロールされた桐風が、自ら舌を出して下忍の唇を求め始める。調子に乗った下忍が、濃厚なベロチューをしたり、キスをさせずに焦らしたりと、緩急付けた責めを展開し、それによって桐風が淫乱化。

  1. 接吻編 1枚目
  2. 接吻編 2枚目
  3. 接吻編 3枚目
  4. 接吻編 4枚目
  5. 接吻編 5枚目
  6. 接吻編 6枚目
  7. 接吻編 7枚目
  8. 接吻編 8枚目
  9. 接吻編 9枚目
  10. 接吻編 10枚目
  11. 接吻編 11枚目
  12. 接吻編 12枚目
  13. 接吻編 13枚目
  14. 接吻編 14枚目
  15. 接吻編 15枚目
  16. 接吻編 16枚目

痴女編

(25分)

またしても淫術をかけられた桐風が、完全に淫乱化してオナニーを始める。そんな訳で、痴女編ながら前半部分はオナニーのみ。後半に入ってようやく男が登場し、手コキしながらのフェラの後、パイズリでフィニッシュ。手と舌技を駆使してのガッツリフェラだが、特に言葉責めなどは無く、残念ながらそこまで痴女っぽさはない。ただ、若干このコスチュームに飽きてきた頃、急にトップレスになり、丁度いい形と大きさのおっぱいが出てきて、結局フツーに抜ける。

  1. 痴女編 1枚目
  2. 痴女編 2枚目
  3. 痴女編 3枚目
  4. 痴女編 4枚目
  5. 痴女編 5枚目
  6. 痴女編 6枚目
  7. 痴女編 7枚目
  8. 痴女編 8枚目
  9. 痴女編 9枚目
  10. 痴女編 10枚目
  11. 痴女編 11枚目
  12. 痴女編 12枚目
  13. 痴女編 13枚目
  14. 痴女編 14枚目
  15. 痴女編 15枚目
  16. 痴女編 16枚目

前の記事 次の記事