特撮AVにハマった!

作品レビュー

ネタバレ注意!

セクシー仮面(討伐編・凌辱編・乳首責め編・淫乱化編) 真木今日子

パッケージ画像

出演

  • 真木今日子(セクシー仮面)

レビュー

真木今日子さん扮するセクシー仮面が、学園長とかになんか色々やられるやつ! ヒロインがセクシー仮面なので、舞台はもちろん教室。このシリーズにおいては、いつもの部屋じゃないというだけで割と新鮮。内容の方も、おっぱいだけでなく、全身をたっぷりと堪能出来る4テーマ。

最初の『討伐』は、数種類の武器を使っての殴打攻撃。羽交い絞めにされたセクシー仮面をフルボッコ討伐。二つ目は『凌辱』で、オモチャでの責めと本番とマスク剥ぎ。三つ目は、色々な方法での『乳首責め』。乳首ツマまれたり舐められたり、普通に乳首への責め。そしてラストは『淫乱化』。詳細はこの記事の下の方を参照していただくとして……、この作品での淫乱化とは、股間に薬を塗られて膣の中が痒くてたまらなくなったセクシー仮面が、指やチンコで痒みを抑えようとする感じ。淫乱になって責めるのではなく、痒みに悶える姿が中心。

真木今日子さんのセクシー仮面が好きな方には、とりあえずオススメ。それ以外の方が衝動的に見ても特に大きな問題は起きないと思うが、本番シーンでしか抜けない派の方には向いてないので、そこだけ要注意。本番はあるけど、それはヒロインに対する責めのひとつでしかない。ちなみに、同じヒロインの危機一髪シリーズの作品もあるので、まだチェックしてない方は下記のリンクよりどうぞ。

エロシーンまとめ

討伐編

[25分]

ついに学園長を追い詰めたセクシー仮面! しかし、学園長の用意した怪人にボコられ、いきなりピンチ。さらに、ヌンチャクを奪われ完全に成す術なし。棍棒で腹殴られまくって気絶し、手錠で拘束。そこからは電撃食らったり、色んな棒で殴られたり締められたり、時には意味不明な攻撃も挟みつつ、最後は再び棍棒でフルボッコ。終盤にはマスクの口周りに染みが出来る程のがんばりを見せる真木今日子さんが全裸でボコられてるのを見て、抜けない訳がない!

凌辱編

[24分]

まずは椅子に拘束されたセクシー仮面へのバイブ&電マ責め。内容はそのまま、電マとバイブを使って、乳首やドス黒い局部への徹底攻撃。終盤は怪人によるクンニ責めからの本番。拘束解かれてパコパコ犯されながら、ここでマスク剥ぎ! フィニッシュシーンなしで終了。

乳首責め編

[26分]

再び椅子に拘束。繋ぎをきたマスク男二人が、あの手この手で乳首責め。割りばしで挟んだり、クリーム付けて舐めたり、ナイフでつついたり。そして、汚れた乳首をティッシュで一旦拭き取り、ヌルヌルの液体を塗られて、バイブ&筆責め、からのヌンチャク責め。おっぱいのクオリティは言うまでもない。

淫乱化編

[26分]

依然として椅子に拘束状態のまま。そこへ学園長がやってきて、セクシー仮面の股間に謎のクスリと塗り始めると、塗られた場所が痒くなり、大きく悶え始める。徐々に強くなってくる痒みに耐えきれず、「シモベになれば鎖を外してやる」との学園長の誘いに乗って早々と下部となる。鎖から解放されたセクシー仮面は、痒くなった膣の中をかきまくり、男にも指マンされて、そのまま男に跨って騎乗位でハメながら別の男のチンポをしゃぶるという淫乱ぶり。途中で学園長によってプレイが中断され、残り時間は痒みに耐える我慢プレイ。