特撮AVにハマった!

作品レビュー

ネタバレ注意!

愛と平和の戦士アフロディーテ(討伐編・乳首責め編・凌辱編・淫乱化編) 橘ひなた

パッケージ画像

出演

  • 橘ひなた(アフロディーテ)

レビュー

本来なら、愛と平和をこよなく愛し、純白のコスチュームで悪を蹴散らすお嬢様ヒロイン・アフロディーテ! しかし、今回は悪を蹴散らすどころか、最初から悪にボコボコにされたり犯されたりと散々。まぁ、割といつも通りだけど……。主演は、お嬢様感は少ないがちょっと茶髪で可愛いの橘ひなたさん。

肝心の内容の方はというと、4つのブロック全てがテーマ通りで普通にエロい。打撃、電撃、おっぱいポロリの『討伐編』。ブーン、ペロペロチュパチュパ、サワサワ……の『乳首責め編』。縛られたまま怪人に中出し輪姦される『凌辱編』。誰でもいいからとにかく体を慰めて欲しくてたまらなくなる『淫乱化編』と、至れり尽くせり。

シリーズの特性上、ストーリー性は皆無だが、全体的にコスチュームエロをガッツリ楽しめて、エッチな凌辱シーンもあって、普通に充実。そう、良くも悪くも普通……。もちろんいい意味でね! 時間は短いが、マスク剥がされて素顔も見れるため、橘ひなたさんファンも安心。

エロシーンまとめ

討伐編

[22分]

拘束されたアフロディーテが、色んな武器でひたすら殴られまくりの22分! 途中、刀でスカートを捲ってパンモロしたり、コスチューム斬られておっぱいが露出するシーンや、電極棒を使っての電撃責めを挟みつつ、棒やハンマーで殴られるという討伐。ヒロインへのダメージ表現がないため、見た目がソフトではあるが、アフロディーテの純白コスを楽しむには十分。

乳首責め編

[23分]

椅子に拘束されたアフロディーテの可愛い乳首が徹底的に責められる。バイブ、クリーム舐め・筆責め……と、乳首責め編としては、まぁ普通の内容。快感に耐える橘ひなたさんの苦悶の表情と、色白でおいしそうな美乳をガッツリ楽しめる。ちなみに半分以上が筆攻め。

凌辱編

[22分]

上半身を縛られたまま、怪人二人から輪姦。丁寧にじっくりパンスト破かれ、洗い立ての白さ以上に真っ白いパンツが姿を現す。そして、クンニされた後に本番。二人に順番にハメられて、フィニッシュは悪の精液を中出し! 中に出されて涙するアフロディーテのマスク剥ぎで素顔露出。余計なセリフが無く、ただただヤラレていくシーンなので、没頭しやすい。

淫乱化編

[24分]

怪人の精液で満たされた膣の中が疼(うず)いて仕方ないアフロディーテ。自ら胸を揉み、膣に指入れて慰めようとするも満足できず、ついには周りにいる戦闘員たちに「慰めてください」と懇願。戦闘員たちがアフロディーテの体を弄ったり舐めたりしてる内に、完全に淫乱化し、オナニーしながら自らチンポを貪り、口の中に連続射精させて、ローターでオナニーして一件落着。