特撮AVにハマった!

作品レビュー

ネタバレ注意!

電脳特捜インスペクター アブレイズ 長尾みわ

パッケージ画像

出演

  • 長尾みわ(インスペクター)

レビュー

電脳特捜インスペクター。彼らの任務は主に、電脳世界の悪を駆逐し秩序を保つこと。隊員は"ダイブマシン"と呼ばれる特殊な機械を使い、一時的に意識だけを電脳空間へとダイブさせ、電脳体となって悪の魔獣たちと戦う。なお、電脳体として活動している間、マシンの中の本体は睡眠状態にあり、電脳体がダイブアウトするまで意識は戻らない。

つまり……、インスペクターが戦っている間、本人の体は超絶無防備なのだ! 今回はその弱点が最強魔獣ゴーストに狙われてしまう。まずはインスペクターを電脳世界へと誘き出し、その隙に実体化したゴーストが本体を凌辱。いくら睡眠状態とは言え、体を弄られれば感じるし、その快感は電脳体にも影響を及ぼす。

作品の内容は、そんなインスペクターの電脳体&本体のダブル凌辱! 意識のない本体はラブドール状態で犯され、電脳体のインスペクターも電脳空間の中で魔獣たちに犯される。それらが同時進行で行われるため、二つの凌辱シーンが頻繁に切り替わる忙しい仕様。

そして見どころは、主演の長尾みわさんのオッパイ。婦警さんのような非変身時の制服&インスペクターとしては邪道(?)な赤い強化スーツの二種類のコスチュームで、それぞれ異なるタイプのオッパイエロを披露。実世界と電脳世界で同時に繰り広げられるインスペクターの凌辱劇、詳しくは↓で。

エロシーンまとめ

インスペクター

電脳庁のダイブマシンを使って、今日も電脳世界へダイブする主人公、美咲。サクッと魔獣を撃退し、ひと仕事終了。

実体

[11分]

またしても魔獣が出現! すぐにダイブし現場へ向かう美咲。しかし……、これは罠!? 電脳庁に現れた魔獣ゴーストが、ダイブ中で睡眠状態の美咲に近づく。そして……。

電脳体

[11分]

一方、魔獣と戦う電脳体。しかし、実態が凌辱されている影響で力が出せない。二体の魔獣にバトルで苦戦し、こっちの美咲も弄ばれてしまう。なお、実体と電脳体のシーンを分けてるけど、本編中では頻繁に切り替わりまくる。

敗北

[3分]

ダイブマシンにウイルスを流され、ダイブアウトが出来ない。魔獣を倒す事も、電脳世界から逃げ出す事も出来ない美咲は……。

凌辱1

[16分]

睡眠状態の美咲が犯られる。意識がないため、ほぼ人形状態。手マンでイカされ、ハメられて中出し。

凌辱2

[16分]

同時に電脳体も犯られる。必死に抵抗しても、叫んでも、もはや電脳世界から逃れる事は不可能……。エネルギー吸引、そしてコスチュームがボロボロになるまで犯され……。

死亡

[3分]

実体の美咲が絞殺され死亡! インスペクターは永久に電脳世界から出られなくなり終了。