特撮AVにハマった!

作品レビュー

ネタバレ注意!

黒ギャルヒロイン 強制イカセ洗脳

パッケージ画像

出演

  • 美咲結衣(ブラックパンサー)
  • 水澤りの(ホワイトパンサー)

レビュー

今回の主役は、街を闊歩する二人の武闘派ギャル、マオとルミ。ある日突然、国家秘密捜査機構に連れていかれ、半ば強引に訓練を受けさせられた二人が捜査官となり、ホットパンツヒロイン・ホットパンサーズとして、悪の組織"黒王会"のアジトに潜入する物語。即席で誕生したヒロインだけど、それなりにエロい。

内容は、本編前半がショーパンエロで、後半がギャルモノっぽいエロ。二人はまず、黒王会のエロ幹部に取り入るために、極浅のデニムショートパンツを着用しながら、ディルドや電マを使っていくつかのエロ訓練を行う。美咲結衣さんと水澤りのさんの二人が、太ももを汗だくにして開脚しまくり。

そして、晴れて捜査官コンビ・ホットパンサーズとなった二人が、ギャルコンパニオンとして黒王会に潜入。エロ幹部を相手に性接待を展開した後、結局は捕まって犯られちゃう。あと、残念ながら(?)、洗脳的な要素はほぼ無し。一応、最後は洗脳されて終わるけど……、かなり強引。

ヒロインとして活躍するシーンが無くヒロイン度は低め。さらに、そのヒロインのコスチュームもそこまでクオリティは高くない。よって、個人的な山場は序盤の訓練シーンでのショーパンの股間アップ。ギャルが好きで且つ、尻フェチ、太ももフェチ、ショーパンフェチの、いずれかを兼ね備えた人でないと、抜くの難しそう。私は美咲結衣さんが好きだから無条件で抜けた。

エロシーンまとめ

ガニ股スクワット

[9分]

訓練十日目、ついに対エロ訓練が始まる。支給された羞恥心克服パンツを履き、ガニ股スクワットで羞恥に対する強さを身に着ける。モザイクが必要になるほどに食い込むショーパン開脚エロ。

アクメ顔ディルドフェラ

[5分]

続いては、極太チンコをアクメ顔で対応する力を身に着ける訓練。ガニ股でテーブルの上に設置された極太ディルドをジュルジュル頬張りながらカメラ目線。

電マ対決

[5分]

ライバル心剥き出しの二人が電マイカせバトル。互いに電マ責めをし、イカせ合い。

フェラ

[5分]

コンパニオンとして潜入したホットパンサーズ。まずは接待ダブルフェラ。

尻コキ

[4分]

続いて、上に乗って尻コキ&ショーパンコキ。

手コキ

[3分]

フィニッシュはダブル手コキで。若干長めの擬似チンコで大量ザーメンを発射!

イカせ

[10分]

皆が寝静まった頃、アジト内で麻薬取引の証拠を探すホットパンサーズ。しかし、罠にかかって拘束され、極悪イカせ師の超絶手マンで、ホワイトがアヘ顔失神。ブラックもマン汁出しまくってイキまくり。

調教

[11分]

オナニーさせられてるホワイトの横で、ブラックが本番。なんとなくフワッと洗脳されて、お互いに仮面を外させ、最後はカメラに向かって忠誠誓って終了。