特撮AVにハマった!

作品レビュー

ネタバレ注意!

ヒロイン戦闘員逆凌辱 ミスマーシャル 長尾みわ

パッケージ画像

出演

  • 長尾みわ(ミスマーシャル)

レビュー

最近エゴーの動きが慌ただしい。連日のように戦闘員が出現し、その度に出動するミスマーシャル。しかし、彼女が戦っている間に、必ず別の場所で破壊行為が起きてしまうのだ。一人で戦う彼女にとって、エゴーの陽動作戦は時として脅威となる。

そこで、ミスマーシャルが生け捕りにした戦闘員から情報を聞き出す事に。まずはマシンを使って彼らの洗脳を解き、失われていた性欲を回復させると……、色仕掛けや痴女責めなどの逆凌辱で情報を吐かせようと奮闘。その結果、次の標的の場所を聞き出す事に成功! しかし、予期せぬ事態が起きて、最後はバッドエンド。

みどころは長尾みわさんのエロ過ぎるボディ。スローモーションが多用されたアクションシーンでは、コスチュームの外側からでも分かる下品なボディラインが鑑賞でき、逆凌辱シーンでは、これまた下品な痴女ヒロインの本性が垣間見える。

60分と短めの作品ながら、その他にもいくつかのピンチシーンがあったりして、長尾みわさんのオッパイとミスマーシャルのコスチュームが好きならそれなりに楽しめそうな仕上がり。ちなみに、ミスマーシャルは名前やコスチュームがミス系ヒロインと似てるけど、たぶん別モノな雰囲気!

エロシーンまとめ

刺激

[9分]

エゴーの首都破壊計画が進む中、戦闘員と交戦中のミスマーシャル。だが、戦闘員のあまりの弱さに退屈したミスマーシャルは、わざと捕まり拷問を受けてみた。まぁ万が一連行されても、アジトの場所を突き止められる。だが……、余裕で拷問に耐え抜いてしまったマーシャル。殺されそうになったため全員返り討ち。一部スローモーション。

戦闘員

[7分]

雑魚キャラでありながら、エゴ―によって完全に洗脳されている戦闘員。彼らには拷問など通用しない。なぜなら感情が無いからだ。だから何をされようが口を割る事はない。度重なる陽動作戦に苦戦するミスマーシャルは、エゴーの爆破計画を阻止するために、戦闘員の洗脳の解除を試みる。

誘惑

[10分]

なんと……、ミスマーシャルが戦闘員の体機能の回復に成功!! これで彼らは痛みを感じる事も、そして快感を得る事も出来る。性欲を取り戻した戦闘員に対し、自慢のオッパイを使って色仕掛け攻撃! しかし、少々やり過ぎてしまい、結構ピンチ。

逆凌辱1

[8分]

なんとか戦闘員を捕まえて逆凌辱開始!! 強制キス、チンコ揉み、フェラ、手コキ……。戦闘員を即抜きするミスマーシャル。

逆凌辱2

[13分]

戦闘員の上に跨って、強制騎乗位で腰振り。デカいオッパイを揺らしながら、ひとり腰を振り続けるマーシャル……!

逆凌辱3

[8分]

床に移動し、さらに腰を振るマーシャル! そしてついに、次の標的を聞き出す事に成功! しかし、パワードスーツのタイムリミットを迎えてしまい……。