特撮AVにハマった!

特撮AVレビュー

ネタバレ注意!

巨大ヒロイン (R) ルーシア 前編 ふたなり女体化レズ凌辱 桜井あゆ 進藤あゆみ

パッケージ画像

出演

  • 桜井あゆ(ルーシア)
  • 進藤あゆみ(マーラ星人)

レビュー

桜井あゆさんの巨大ヒロインふたなり女体化レズ凌辱! でも厳密に言うと、巨大ヒーロー強制射精地獄からの女体化ふたなりレズ凌辱。女体化……そう、主人公は男! 男装した桜井あゆさんが扮する地球防衛隊エース・アキラが主役。そんな"彼"の本当の正体は巨大宇宙人ルーシアで、次々と襲ってくる怪獣や宇宙人から地球を守っている、という定番のキャラ設定。

つまり、本編スタート時点の主人公ルーシアは完全なる巨大ヒーロー。地球侵略を企む女宇宙人のマーラ星人に捕まってしまったルーシアが、十字架に磔にされたまま超絶フル勃起したオチンチンを舐められたりシゴかれたりしながら強制的に連続射精。さらに、触手怪獣のオナホ型触手によるバキューム的なシコシコで再び連続射精。あまりにも連射し過ぎたルーシアのホルモンバランスが壊れ、ついに女体化! そして最後は、マーラ星人のふたなりチンコでハメられるという、そんな感じのふたなりレズ凌辱。ただ、いくらちっぱい体系とは言え、最初から割と女体っぽいし、女体化の前後でチンコ以外大きな変化はない。

そういう訳で、ふたなりなのはルーシアではなく、進藤あゆみさん扮するマーラ星人。さらに、最も重要なポイントは、主人公が本編中ほとんどマスクオンの変身状態であること。それゆえ、桜井あゆさんの顔出しシーンが超スーパー少ないから、彼女の顔が好きな人には不向き。ルーシアの中で汗だくムレムレになってるとこ想像するだけで抜けるくらいのプロフェッショナルなら余裕。もしくはふたなり系の大量疑似射精シーンが好きな人や、巨大ヒーローの拘束手コキでピクピクする人でも、そこそこ抜けそう。なお、後編はガッツリ女体化した後の凌辱などなど。そっちのレビューは下記リンクより。

エロシーンまとめ

VS怪獣

[3分]

主人公のアキラの正体は、G55銀河からやってきた宇宙人ルーシア! 地球防衛隊の隊員として、今日も巨大怪獣から地球を守っている!

VSロボ

[11分]

街が夕暮れに染まる頃、石油コンビナート付近に謎の巨大ロボット出現! すぐに巨大化して戦うアキラ。予想以上の強敵に超苦戦しながらも、最後は必殺技で粉砕。だが次の瞬間……、謎の霧に包まれたルーシアは十字架に磔にされてしまった!

射精地獄1

[25分]

突如現れたマーラ星人(♀)に股間を弄られ、尻コキまでされると……、ルーシアのチンコはガッチガチにフル勃起。さらに手コキとフェラで、ついに射精……! その後もシゴき続けられて、何度も発射……。ここでようやく防衛隊の戦闘機に助けられたルーシアだが、体に異変が……。

射精地獄2

[20分]

マーラ星人を野放しにしておくことは出来ない。そこでルーシアは決闘を申し込んで呼び出す事にした。予定通りマーラ星人は現れたが、なんと双子怪獣も出現……! 数的不利過ぎてすぐに敗れ、怪獣の触手による射精地獄が始まる……。オナホの様なバキューム触手でシゴかれまくって何度も射精するルーシア。この時、彼の体はすでに女体化していた……!

凌辱・前半

[18分]

度重なる大量射精によりルーシアのホルモンバランスが崩壊。その結果、完全に女体化してしまった。心なしかオッパイが成長し、逆にチンコは縮小。そして、マーラ星人の宇宙船に連れ込まれ、レズ凌辱が開始された。しつこい手マンに感じまくるルーシア!

凌辱・後半

[14分]

手マンで準備が整い、ついにマーラ星人のふたなりマーラが挿入された。黙々と続けられるピストン……。そのままハメられて、ドピュッと中出し! エネルギーが尽きてしまったルーシアは、再び地球で磔になって晒し者。