特撮AVにハマった!

作品レビュー

ネタバレ注意!

スーパーヒロインドミネーション地獄 ~スパンデクサー 覚醒!超能力軍団~ 桜井あゆ

パッケージ画像

出演

  • 桜井あゆ(スパンデクサー)

レビュー

超絶カッコ良いスパンデクサー桜井あゆさんのドミネーション地獄! しかも同じキャラクターでの同シリーズ二作目。前作の『サイキックの逆襲編』では、超能力を持ったサイキック少年たちに苦しめられたが、本作でも特殊な能力を持つ男たちにたっぷりと苦しめられてしまう。『スパンデクサー 覚醒!超能力軍団』というサブタイトルは、僅かながらスパンデクサーが覚醒しそうなオーラを放ってるけど、覚醒するのはもちろん超能力軍団の方。

この超能力軍団というのは、興堂博士によって特殊能力を与えられた男たちの事。内容はざっくり3つのブロックに分かれていて、それぞれのシーンでスパンデクサーが、超能力軍団の異なる能力でボコられる。まず最初はセルフドミネーション。これは前作でも使われた攻撃で、肉体操作されたスパンデクサーが自分で自分を痛めつけるというもの。二つ目はプロレスラー系戦士からのファイヤードミネーション。人体発火能力を持つ戦士から、通常のドミネーション責めと同時に火責めを食らう。

最後はハンド三兄弟という、それぞれ異なるタイプの"手"を持った兄弟からのフルボッコ。巨大拳でのパンチや、手首から先がロケットの様に飛んできたり、触手のように伸びた手に拘束されたりと、三兄弟からの連続攻撃に苦しめられる。全体的にガチガチなドミネーションではないけど、桜井あゆさんの超演技力と、完璧なまでのスパンデクサーコスの着こなしぶりに、彼女のファンならずとも、フル勃起は免れない……!

エロシーンまとめ

博士

[6分]

先日、興堂博士によってDNAを採取されたスパンデクサーことアイカ。博士は研究所と共に自爆したはずなのだが……、その男が突如アイカ目の前に現れた。

バトル

[10分]

興堂博士の研究所に乗り込むと、そこには超強そうな戦士たちが待ち受けていた。彼らは博士から超能力を与えられた戦士。その特殊な能力を使う戦士に苦戦しまくりで、いきなりピンチのスパンデクサー!

セルフドミネーション

[5分]

戦士の能力により、肉体操作されて自分を痛めつけ始めるスパンデクサー……! 前作でも登場したマニアックなセルフドミネーション。

オナニー

[7分]

続けて、肉体操作によるオナニー。必死に抵抗しても、手が勝手に……! だが、スパンデクサーの精神力が上回り、肉体操作解除! 反撃して戦士を撃破。

ドミネーション

[7分]

次は怪力戦士とのバトル。プロレス技と同時に火まで使って攻撃してくるファイヤードミネーションに絶体絶命! でも勝利!

ハンド三兄弟

[2分]

興堂博士から超能力を与えられるも、副作用で急激に老化してしまった三兄弟がいる。彼らは、スパンデクサーの臓器を移植すれば若返る事が可能だという。そんな奴らに狙われてしまったアイカの、ちょっとしたエロピンチ!

フルボッコ

[8分]

瞬間移動で場所を変えられ、バトル開始! 三兄弟の巨大こぶし、ロケット手首、伸びる手と、それぞれの異なる攻撃にかなり苦戦するスパンデクサー。

ラッシュ

[13分]

特に、手首がロケットのように飛んでくる攻撃は厄介。手首が強化スーツの中に入り込んでオッパイを揉み、さらにお尻や股間まで触るという非道ぶり。触手のように伸びた手はスパンデクサーの体を拘束し、そこを巨大な拳で殴打という、三兄弟の完璧なコンビネーション攻撃。結局、股間を弄られまくってイカされてしまったスパンデクサー。

結末

[1分]

三兄弟がたっぷり楽しんだ後は、ついに臓器移植で終了。顔のアップだけでグロっぽいのは無し。