特撮AVにハマった!

特撮AVレビュー

ネタバレ注意!

凌辱伝説 08 JKくのいち 掃魔忍 静 愛原ゆあ

パッケージ画像

出演

  • 愛原ゆあ(静)

レビュー

イイ具合にエロい体をした愛原ゆあさんのバトルスーツ凌辱! 主人公は、もはや"くノ一"の枠を飛び超えて、近未来的なアーマーを装備した斬新なJKくノ一ヒロイン・静。普通に勉強や部活をしたいJKなのに、彼女には魔忍族と戦わなければならない掃魔の使命があるのだ……!

内容は拷問&凌辱。愛原ゆあさん扮する主人公・静がかなり早い段階で捕まってしまうと、その後は最後までずっとエロ展開。液体ヌリヌリ筆責め、こぶ縄責め、三角木馬責めなどの拷問を受けた後、ソファーの上で犯されながらコスチュームを段階的に脱がされ、最後は全裸+アーマー姿でハメられて終了。

ストーリー自体は、『JKくの一 封魔忍 結花』という作品の続きで、水嶋あいさんが演じた霧志摩結花を守るために戦い拷問にも耐え続けるが、途中で霧志摩家に裏切られた事を知り、最終的には復讐を胸に誓いながら終了するバッドエンド。多少複雑な物語は存在するけど、とりあえず悪の忍者組織を倒すために戦っているという認識でOK。

ちなみにヒロインのコスチュームは、くノ一というよりも巨大ヒロインに近く、その手のコスチュームが好き人なら、くノ一に興味がなくても実用性はありそう。凌辱中に脱がされて全裸に到達するまでの間にも、陸上アスリートみたいなバージョンとふんどしコスがあり、ヒロインの見た目だけでも色々楽しめる。

エロシーンまとめ

敗北

[6分]

学校で狙われ、人質を取られてあっさり敗北してしまった静……。拘束されて、凶忍軍による拷問が始まる。

毒液

[20分]

紫怨族にとって、女ひとりの口を割らせることなど造作もない。まずは、掃魔忍のバトルスーツの上から秘伝の媚薬責め。効果は早めに現れ、ものの数分で感じ始める静。

こぶ縄責め

[9分]

媚薬がたっぷりと塗り込まれたこぶ縄を使った責め。強化スーツに食い込むこぶ縄が、彼女をさらに苦しめる。

木馬責め

[6分]

叩かれながら木馬責め!

凌辱1

[10分]

ソファの上で犯される静。強化スーツをベロベロ舐められると、パワーが弱まってスーツが弱体化! へそ出しバージョンへ。

凌辱2

[12分]

そのまま責められ続け、ついに純白ふんどし姿にまでパワーダウン!

凌辱3

[14分]

その後も責められ続けて、全裸になって手マンでちょっと液漏れ。なんと、静の股間には封淫の札が!

凌辱4

[15分]

凌辱もいよいよクライマックス。霧志摩家に裏切られた事を知らされた後、全裸にアーマー姿でチンコを挿入されて本番がスタート。たっぷりハメられて絶頂を迎える静。

解放

[3分]

ついに静の封淫が解かれてしまった……。静は淫欲と復讐に支配され、終了!