特撮AVにハマった!

特撮AVレビュー

ネタバレ注意!

スーパーヒロインドミネーション地獄 ワンダーグレイス編 眞木あずさ

パッケージ画像

出演

  • 眞木あずさ(ワンダーグレイス)

レビュー

六次元航行兵器――。それは、闇商人・甲斐正輝がワンダーグレイスを抹殺するために開発したもので、人体の外側から皮膚を傷つけることなく筋肉組織だけを破壊することのできる最新兵器のことだ。

眞木あずささん扮するワンダーグレイスは、そんな恐ろしい兵器を搭載したバイオロイド・ケルベロスからフルボッコにされ、さらに甲斐に犯られる。よって、『ドミネーション地獄』っぽいのは前半から中盤にかけて、その後はイラマや本番などの凌辱シーン。

最新兵器で体を刺されるシーンがあるけど、兵器の特性上、傷口からの出血がなく(口からはちょっと出る)、ボコボコになっても見た目がかなりソフト。この作品のストーリーは『非変身ヒロイン凌辱 ワンダーグレイス編』へと続くため、最後は一応ハッピーエンド。ちなみに続編の方がエロい。続編と眞木あずささんの同系ヒロインの作品レビューは下記リンク参照。

エロシーンまとめ

強敵

[12分]

ワンダーグレイスの次の相手は、新型ロボ・ケルベロス。これまでの相手とは違い、何時間戦い続けても破壊する事が出来ず、体力が限界に近付くワンダーグレイス。そして、油断した次の瞬間、わき腹を刺されて絶体絶命! だが、甲斐が開発した六次元航行兵器の最新テクノロジーにより、刺されても血は出ない。口からは吐くけど。

ドミネーション

[20分]

すっかり弱り切ったワンダーグレイス。今度はドミネーション責めの仕打ち! ロボットゆえ、ただただ無言で襲ってくるケルベロスにボコボコにされたあげく、何度も壁に顔を打ち付けてられる。

究極の選択

[12分]

ワンダーグレイスの前には、チンコとケルベロス。選択肢は二つ、屈服か、それとも死か。彼女は迷わず死を選択するが……、口にチンコ突っ込まれて結局イラマ。「服を脱げ、さもないとケルベロスを街に放つ」と脅され、仕方なく服を脱ぎ……、全裸になって嫌々フェラ。

凌辱

[10分]

四つん這いにされて、チンコ挿入! そのままパコパコ展開になって最後は中出し。その直後、警察とマスコミが駆けつけ、なんとか助かる……。[To Be Continued]