特撮AVにハマった!

作品レビュー

ネタバレ注意!

KUNOICHI-忍- 四 隠密忍者 疾風 有村千佳

パッケージ画像

出演

  • 有村千佳(疾風)

レビュー

時は幕末、江戸末期。幕府将軍・上杉ソウ助より極悪僧侶暗殺の命を受けた疾風(はやて)は、僧侶の不思議な妖術に苦しみながらも、暗殺に成功する。しかし、疾風を狙う忍者集団が現れ、戦いに敗れて凌辱されるというストーリー。

軽めのくノ一コスにふんどしを締め、マントをひるがえしながら戦う疾風。一見、忍者には不釣り合いの洋風マントだが、特に不自然さはなく、逆にヒロイン感がアップしててカッコイイ! 主演の有村千佳さんは、クールな忍者ヒロインでありながら雑魚に苦戦し、死に直面した途端に命乞いをしてしまうほど弱々しいキャラクターが見事にハマっていて、まさに適役といった感じ。

内容は、バイブ責めと本番がメイン。プレイ的にはかなり手数が少ないが、ドミネーションや小さなエロが散りばめられていて、それなりのボリュームはある。とにかくヤラレっぱなしのくノ一の無様な姿が見たい!という方にはオススメ。

エロシーンまとめ

ドミネーション

[10分]

忍者集団との戦いに敗れてフルボッコ。殴る蹴る踏むのドミネーション責めで全身土まみれになり、純白のふんどしが早くも汚れる! しかし、一瞬の隙をついてなんとか脱出。

バイブ責め

[15分]

夜が明けたらあっさり捕まる。誰の命令で動いているのかと問い詰められても口を割らない疾風は、木に拘束されてバイブ拷問を受ける。静かな森の中に、甲高い喘ぎ声だけが響き渡った。

凌辱

[28分]

局部を棒で突かれたり踏みつけられた後、大ボスにハメられる。一度は逃げ出すも、すぐに捕まり再び挿入。バックで突かれまくってるうちに、耐えられなくなった疾風は、とうとう上杉の名をゲロってしまう。結局中出しされ、忍者たちにも輪姦され、最後にはポイ捨てられる。それでもなんとか生き延びた疾風だったが、上杉の名を口外した罰として晒し者になりTHE END。

ヒロイン

安定の有村千佳さん。