特撮AVにハマった!

特撮AVレビュー

ネタバレ注意!

忍者クローサーNO.3 PART1 1970年代ver. 有本紗世

パッケージ画像

出演

  • 有本紗世(桃忍/マリカ)

レビュー

忍者クローサーNo.03・桃忍、三部作!! 作品は70年代、80年代、90年代の三つのバージョンに分かれていて、時代と共に近代化してゆく桃忍のコスチュームや、それぞれの年代に放送されていた特撮番組っぽい雰囲気などを、三世代に渡る波乱のストーリーと、ヒロインの凌辱エロ込みでたっぷり楽しめるシリーズ。

そんな三部作のPART1、1970年代バージョンの主演は、永遠に抜ける懐かしの有本紗世さん!! 桃忍の非変身コスも、'70なクラシック桃忍コスも、当たり前の様にエロ可愛すぎてビジュアルだけで抜ける超優良ヒロインだ。特にハードなシーンは無く、凌辱作品としては並みなので、有本紗世さんフェチの人にオススメ。とりあえず詳しくは↓参照!

エロシーンまとめ

マリカ

[7分]

忍者クローサーNo.03・桃忍として人知れず日本を守り続けているマリカ。そんな彼女に、大きな苦難が訪れようとしていた。

刺客

[13分]

マリカの元へ送り込まれた新たな刺客。いつも以上に手強い相手に超絶苦戦するが、最後は怪人を倒して野望を阻止!

余裕

[12分]

そして、また次なる刺客に襲われるマリカ。一度は捕まってしまうが、簡単に拘束から逃れ、意外と余裕?

凌辱1

[15分]

だが、二度も同じ手は通用しない……! 今度は完全に捕まり、妖怪魔忍たちに弄ばれてしまうマリカ。

凌辱2

[13分]

イラマから本番へ。

凌辱3

[16分]

その後もひたすら地味に突かれ続けて……、ラストは中と両乳首に出されて完全敗北!! そして時代は1980年代へ――。