特撮AVにハマった!

作品レビュー

ネタバレ注意!

忍者クローサーNO.3 PART3 1990年代ver. 榎本優樹菜

パッケージ画像

出演

  • 榎本優樹菜(桃忍/ミリア)

レビュー

忍者クローサー桃忍三部作、ついに完結……、最終章! PART1で有本紗世さんの1970年代バージョンが、PART2では綾瀬ことりさんの1980年代バージョンが、それぞれ悪の妖魔忍衆に犯され敗北してしまった。そんな彼女たちの遺志を継ぎ、新たに1990年代の桃忍となったのは榎本優樹菜さん!

時代が90年代まで進み、桃忍のコスチュームは非変身/変身時共に更なる近代化が施され格段にパワーアップ。それらを着こなす榎本優樹菜さんも、アスリート系の引き締まった体を持ち、しかも可愛い! 出演作品数が少な過ぎるのがもったいない、実にヒロイン向けの女優さんだ。

内容は普通に凌辱。本編60分の短い作品ではあるけど、最初から捕まった状態で始まるという荒業で、無駄なくエロシーンへ突入。その後自らピンチを切り抜けたり、自身の出生にまつわる衝撃の事実を聞かされたりしながら、結局レイプされてしまうが……、ラストは自らが妖魔の力を覚醒させ、まさかの悪堕ちフィニッシュ!

忍者クローサーNo.03という戦隊ピンクの、時代と共に変わる雰囲気やコスチュームの変化を楽しめるという、ちょっと変わった三部作。やや古めのコスチュームが好きな人は、とりあえずPART1からチェック! 尚、個人的にはこのPART3が抜き度高め。

エロシーンまとめ

ミリア

[13分]

ついに妖魔忍軍団が日本総攻撃を開始。まずは見せしめとして……、忍者クローサーNo.03を捕まえ、公開処刑を画策!! 序盤から磔にされ、エッチな拷問を受ける桃忍ミリア……。手マンで汗だく大ピンチ!

衝撃の事実

[13分]

師匠に助けられ、反撃に転じるミリア。だが……、彼女が聞かされた事実はあまりにも残酷なモノだった。彼女の父親は、なんと魔忍軍団のボス……! 初代クローサーであるマリカがレイプされ生まれた子供だったのだ。

バトル

[10分]

師匠、そして仲間を失ったミリア。彼女はこの国を守るために、たった一人で戦う事を決意。だが、その道のりはあまりにも険しい……。

凌辱

[16分]

そして、犯される……。たっぷりハメられて、最後は顔射フィニッシュ!

結末

[3分]

ここで、魔忍と人間の子であるミリアが覚醒! 妖魔忍の力が目覚め、悪の女王へ――。