特撮AVにハマった!

作品レビュー

ネタバレ注意!

ふたなりヒロイン 怪傑ガオー丸 水希杏

パッケージ画像

出演

  • 水希杏(詩織)

レビュー

ふたなりヒロイン 怪傑ガオー丸!! でも本当は"ふたなりヒロイン≠怪傑ガオー丸"。主人公は、獣王丸と猿のモン助と共に、宿敵ゴーネリアスの野望を阻止する為に旅をしているくノ一、詩織。ガオー丸とは、獣王丸が変身した時のキャラクターであって、ヒロインとは直接関係ないし、作中にも一瞬しか登場しない。

肝心の内容の方は、普通の非レズふたなり+おまけ付き、といったところ。まず最初に四つん這いで軽い性拷問を受けてから、怪人の淫術でチンコを生やされて、そこからは発射発射の強制連射地獄。終盤は精子出すだけじゃなくて、逆にヒロイン自身も中に出されたりしつつ、快楽堕ちオナニーで終了。

そんなに特筆すべきところはないけど、強いて言えば、この作品で一番のエロポイントは、なんでもない白いパンツ。四つん這いシーンでは、ちょっとだけ降ろして丁度いいエロさになり、ふたなりシーンでは、前から捲ってチンコを出すスタイル。コスチュームに穴開けて出したり、アンスコやパンツの脇から出すよりも、オチンチン感は格段にアップ! 忍者なのにパンツって部分は、ふんどしにそこまで興味のない私にとっては、割とどうでもいい。とりあえず水希杏さんが好きなら、見る価値あるかも。

エロシーンまとめ

拷問

[20分]

罠にかかって捕まってしまった詩織が、太った忍者風の女から拷問を受ける。竹刀で腹部を叩かれた後、台の上で四つん這いになり、お尻の割れ目に、漆の樹液を塗られて痒みと戦いながら、女の手マン責めで敢え無く絶頂。

手コキ

[10分]

妖術によって、オチンチンを生やされた詩織。怪人の手コキで、連続射精地獄。出しても出してもすごい勢いで飛び出す精液! ちなみに、ヒロインの下腹部に付いてる赤いのは血ではなく、妖術を使った時に書かれていた赤い文字がグチャグチャになっただけ。

連射

[12分]

まだまだ続く射精地獄。今度は怪人にハメられながら、仲間のモン助の手コキで発射しまくり。騎乗位とバックでいっぱい出したりハメられたした後、中出しフィニッシュ。

オナニー

[4分]

助けに来た獣王丸は、変わり果てた仲間の姿を見て愕然……。