特撮AVにハマった!

特撮AVレビュー

ネタバレ注意!

新・帰ってきたスーパーヒロイン 磁力戦隊マグナマン 前編

パッケージ画像

出演

  • 藤嶋唯(マグナピンク)
  • 甲斐ミハル(ヒュダリアン女王)

レビュー

戦隊ピンクが主役の『磁力戦隊マグナマン』前後編二部作! この前編は、主演の藤嶋唯さんが、パッケージ画像にあるピンクと水色2パターンの非変身コスチュームを着用したままエロい事されるゴリゴリの非変身着衣凌辱作品。80年代に放送されていた戦隊モノが元ネタになっているらしく、コスチュームのデザインに、なんとなく昭和っぽい趣を感じる。

しかも、ただ元ネタになっているだけでなく、内容の方もかなり寄せているという徹底ぶり! それは、視聴後に色々ググって分かった。エロシーンは大きく分けて2つ+チョイエロの3つで、最初はチョイエロの『競泳水着オナニー』。主人公が更衣室で水着に着替えた後、敵にかけられた呪いによってオナニーをしてしまうシーンなのだが、着用してる競泳水着のデザインが個性的で、少し違和感を持った。しかし、後々ググってみると、元ネタのピンク役の女優さんが全く同じデザインの水着を着ている画像が出てきて、すっきり。

2つめはピンク色のコスでの凌辱。ピンクが終始着衣のまま、敵の催眠術師にボディーコントロールされながら弄ばれる。このシーンのメインは、氷の棒を使っての責め。ピンクの顔や体に氷を押し付けるだけの地味なシーンだが、ググったら、顔に氷の剣を押し付けられてる女優さんの画像が1枚だけ出てきたから、たぶんそれ。

そして3つめ、ラストは甲斐ミハルさん扮する悪の女王によるレズ凌辱。こっちは水色のコスで、女王もベストキャスティング。プレイはかなりソフトだけど、おっぱいまでしか出ないので着衣エロを楽しむには十分。このシーンは、おそらく"イカツい被り物をしてる"っていう広い意味で、元ネタに登場する悪役をインスパイア。

とにかく、本編約120分、最初から最後まで非変身コスチュームを脱がされる事はなく、カラミ的なシーンも一切ない。そもそもこの作品には、"モザイクを使わない"というコンセプトがあるらしく、完全に着衣エロ仕様で、前編は非変身、後編は変身モードといった感じ。藤嶋唯さんの体がムチムチしてて激エロ、しかもアンスコ開脚もたっぷりで、フェチにとっては抜きどころ満載! そういう訳で、この非変身コスチュームが好きなら、何度でも抜ける。

エロシーンまとめ

競水オナニー

[10分]

更衣室で水着に着替えるピンク。アンスコ、ブーツ、パンスト、非変身コス、下着を順番に脱いで全裸になり、競泳水着を着用。するとその時、先の戦闘で怪人から受けた呪いが発動し、無意識にオナニーをしてしまう。普通の着替えと軽い水着オナニーのシーンだけど、藤嶋唯さんの体がエロくて、余裕のひと抜き。

着衣凌辱・前半

[24分]

催眠術師の男による、非変身コス着衣凌辱。特殊な催眠でボディーコントロールされたピンクが、着衣のまま徹底的に弄り倒されていく。男が全身を視姦し、体中を触りまくり。

着衣凌辱・後半

[33分]

後半は氷責め。氷の棒を肌に押し付けたり、服の上から押し付けたり、催眠で仰向けや四つん這いにさせながら、全身を氷で責めるプレイ。ボリューム感のある太もも、アンスコ開脚、解けた氷で染みになるコスチュームなど、かなりフェチ向け。途中で邪魔が入り、催眠術師が倒されて終了。

着衣レズ凌辱

[39分]

水色の非変身コスを着用した主人公を、悪の女王がねっとり凌辱。まずはキスして、着衣の上からの舐め、そして上着とブラを捲ってハミ出したオッパイにシャブりつき、乳首責め。その後、手マンとオッパイ揉み揉みしてる最中に、マグナマンの仲間からの連絡が入り、ピンクが脱出! 後編へ続く。