特撮AVにハマった!

作品レビュー

ネタバレ注意!

若妻戦隊ピンク 超能力戦隊フォースレンジャー ~恐怖の凌辱病棟~ 春日野結衣

パッケージ画像

出演

  • 春日野結衣(フォースピンク)

レビュー

若妻ピンクピンチ! 主演は、地味顔ながらパイパンやロリっぽい雰囲気が非常に可愛い春日野結衣さん。そんな彼女が演じるのは、若妻と戦隊メンバーの二足のワラジで活躍する主人公、フォースピンク。ストーリー的には人妻である事の意味は大きいけど、エロ的には普通の戦隊ピンク凌辱。いや、普通よりちょっとぬるい。

『恐怖の凌辱病棟』と言うサブタイトルは大げさだが、ヒロインが病院内で凌辱されるから、あながち間違いではない。戦闘で怪我を負ってしまったヒロインが、医師である旦那に診察してもらうために病院へ行くと、そこは悪の巣窟だった……、という流れ。ピンクは診察台の上で、戦闘員たちに強化スーツを調査されたり、大ボスにハメられたりと散々な目に遭ってしまう。そして最大の若妻ポイントは、大ボスの正体が実は旦那だったというオチ。最後の最後で大ボスがマスクを外した時に正体を知ってビックリするピンク。一方、旦那の方は、ハメてる途中でピンクがマスクオフになった時に妻だと知る。ただそれだけで、夫婦的なカラミは特に無いが。

前述した通り、内容が本当にぬるい。メインの凌辱も、戦闘員によるチョイエロも、コスチュームエロも、全てがソフト過ぎる。舞台が病院だったり、変身・非変身のコスチュームがどちらもエロ向きなのにも関わらず、それらを十分に活かしきれてないのが残念。春日野結衣さんだから抜けたけど、そこまで興味のない女優さんだったら危なかった。

エロシーンまとめ

調査

[12分]

ピンクが怪我の治療の為に訪れた病院にまで押しかけて来た悪の組織。特殊なライトを浴びたピンクは動けなくなり、手術台の上で仰向けに。戦闘員たちが、ピンクの体の隅々まで調査を始める。色々触りまくって、体の中からエネルギーを採取。

凌辱

[33分]

分娩台に固定されたピンク。大ボスが現れ、ピンクの口にチンコ突っ込んでいきなりイラマ。戦闘員がスーツの股間部分を破壊し、丸見えになったパンツを弄ってから、本番開始。ハメながらマスクオフになったピンクの素顔を見た大ボスは、フォースピンクの正体が自分の妻だった事を知る。地味にハメながら、「仲間になれ」と勧誘し続けると、軽く快楽堕ちしたピンクが「入ります」と言って、最後はバックで中出しフィニッシュ。その後、ピンクも大ボスの正体が夫だと知り、なんかよく分からない感じで終了。

ヒロイン

可愛い。