特撮AVにハマった!

作品レビュー

ネタバレ注意!

悪の組織開発計画 ~ワンダープリンセスと謎の帝国~ 阿部乃みく

パッケージ画像

出演

  • 阿部乃みく(ワンダープリンセス)

レビュー

惑星ヴァスティナーブ――。この惑星は、現在"巨大暗黒ガス星雲の接近"という重大な問題を抱えている。つまり遠くない将来、惑星まるごと暗黒ガス星雲に飲み込まれ、跡形もなくなってしまうのだ。巨大なガス星雲の接近を食い止める事など不可能であり、もはや惑星の消滅は免れない。

だが、惑星の住人が生き延びる方法がひとつだけ存在する……。"移住"だ。別の惑星を奪って移住してしまえばいいのだ。ヴァスティナーブから約1500光年離れた太陽系と呼ばれる銀河に地球という惑星がある。地球はヴァスティナーブとよく似た環境を持ち、移住先としては最適。すでにこの移住計画は動き出しており、先遣隊の出撃準備も完了済み。

とにかくヴァスティナーブには時間がない。最新の宇宙航法を駆使しても、先遣隊の往復、住人たちの移送時間を考慮すれば、地球奪取にかけられる時間はほんのわずか。その限られた時間内に地球の脅威を取り除き、完全制圧しなければならないのだ。もしも失敗すれば、彼らに未来はない――。

悪の組織開発計画シリーズ! この作品で新たに開発された悪の組織、『惑星ヴァスティナーブ』。このヴァスティナーブは、当作品以降もGIGA作品内で度々登場する。つまり、GIGAの悪の組織ラインナップに新たな組織が加わったという意味での開発計画。そんな感じの位置づけ。

そしてこの作品で描かれているのは、地球に到着した侵攻部隊参謀長のバトラーが、第一の脅威ワンダープリンセスを洗脳によって陥れるところ。洗脳は特殊なマシーンを使ったかなりサイケな洗脳で、精神をコントロールされたワンダープリンセスが、激しくオナニーしたり、自身が所属する組織の博士と熱いエッチを展開するのが作品のメインエロ。

そういう訳で、諸々の背景は壮大だけど、エロ的には結局阿部乃みくさんのワンダーヒロインエロ! 非変身時のミニスカパンチラ、ちょっとしたバトル、精神アンコントローラブル・オナニー、セックスなどなど。特に、ムチムチの太ももを開きながらひたすら股間を擦り続けるオナニーシーンは、阿部乃みくさん好きならかなり抜ける。洗脳されて我を失っちゃうショートカットの可愛いヒロインで抜きたい人にススメ。

エロシーンまとめ

ミニスカ

[5分]

ワンダープリンセスとして戦う主人公ユリナ。所属する組織の博士とも仲良しで、普段は超ミニスカ。そして今日もまた、緊急出動!

バトル

[4分]

ワンダープリンセスの前に現れた謎の戦闘アンドロイド集団、DOLLS。だが、しばらく戦うと、すぐに消えてしまった。

洗脳

[7分]

人質を取られて脅迫された博士が、マシンを使ってワンダープリンセスを渋々洗脳。マシンによって、ワンダーレディーはニャンニャン化してしまった。

電マ

[8分]

洗脳されたワンダープリンセス。まずは電マと手で股間をほぐされる!

オナニー

[5分]

レーザーメスによって開けられたコスチュームの穴から、ワンダープリンセス自ら手を入れてオナニー。無心でオナり続け、白目まで剥いてしまう。

ファッキングマシン

[4分]

ファッキングマシンの先端に取り付けられたディルドをブチ込まれ、高速ピストンで気絶!

崩壊

[3分]

その後も続けられた洗脳。彼女の精神は、確実に破壊されていた……!

前戯

[19分]

身寄りのない彼女にとって、もっとも大切な存在なのが博士だ。そんな博士との濃厚な絡み。まずはネットリ前戯、しっかりとフェラ&手コキ!

本番

[10分]

いよいよ本番開始! ベロ出しながら犬スタイルでハメられるワンダープリンセス。イった後博士は殺され終了。こうして、ワンダープリンセスの洗脳は着々と進められてゆく。完