特撮AVにハマった!

作品レビュー

ネタバレ注意!

婦人特捜ブルーソニック 山城美姫

パッケージ画像

出演

  • 山城美姫(ブルーソニック)

レビュー

蒼き音速の戦士、婦人特捜ブルーソニック! その名の通り、音速で移動し、瞬く間に敵を倒すことができる特捜ヒロイン。しかし、彼女は無敵ではない。音速のスピードを出す時にかかる足への負荷は計り知れないほど甚大なもので、そのダメージは確実に蓄積されていく。つまり、出動して戦闘を行うたびに、彼女の足の爆弾は膨れ上がっているのだ。そしてとうとう、その事実は宿敵Drシュタインの耳にも入ってしまい、ブルーソニックにこれまで味わった事のない絶体絶命大ピンチが訪れる……!!

弱点がバレてしまってはもう終わり……。あとはセオリー通り、怪人たちに足を攻撃され、悪のアジトに捕まって、様々な拷問を受ける。Drシュタインが狙うのは、ブルーソニックの音速能力を引き出すヘルメットに隠された秘密。なんやかんやでヘルメットは解析されて機密がバレ……、さらに犯られて快楽堕ちして、最後は特捜基地の場所まで自白し、完全敗北する。

主演の山城美姫さんはスラッとした長身&カッコいい顔立ちが実にヒロイン向きで、とても演技派な女優さん。討伐的なシーンが多く、痛めつけられてばっかりだけど、凌辱シーンもあるし、オナニーシーンだってある。なお、2008年リリースの作品で、今のGIGAスタイルになる前のものなので、なんとなく抵抗ある人は要注意。

エロシーンまとめ

ピンチ

[6分]

このところ出動が多く、足への負担もかなり蓄積されているのに……、そんな時に限って敵の出現! 足のダメージを見破られて攻撃されるが……、気合でなんとか耐えきり、とりあえず音速で逃げる。

討伐

[6分]

逃げたけどすぐ見つかる……。ロボットアームでの腹パンと軽いボディタッチ。

拷問

[14分]

拘束されて連続鞭打ち&電撃の拷問。注射で感度アップ後、ドリルでコスチューム破壊! そして再び鞭打ち&電撃。

仮想

[21分]

とうとうヘルメットの秘密がバレてしまった! ブルーソニックが音速を実現するために、ヘルメットから筋肉へ強制的に与えられる電気信号。ドクターシュタインはこの仕組みを利用し、ブルーソニックの脳に架空の信号を与える。もちろん、エロい信号をね……。

凌辱

[24分]

四つん這いで服を脱がされて、バックから挿入。そのままハメられて中出し後、正常位で快楽堕ち。基地の場所を自白し用済みになっても、体が疼きまくってしまい、チンコ無しでは生きられなくなって終了。