特撮AVにハマった!

作品レビュー

ネタバレ注意!

スーパーヒロイン昇天地獄 セーラーアフロディーテ編 加藤ゆめ

パッケージ画像

出演

  • 加藤ゆめ(セーラーアフロディーテ)

レビュー

ドクターヘイトが開発した『女の愛液から作った麻薬』。これをキメた男は、戦闘力が上がって狂暴化し、その強い中毒性からクスリ欲しさに絶対服従する。そして、これを女がキメた場合は、立派な媚薬となる。しかし、この麻薬を使って地球征服を企むドクターヘイトは、より強力な愛液を必要としていた。そこで目を付けたのが、愛と美の戦士・セーラーアフロディーテ。神聖なるヒロインの愛液を採取するため、怪人グレイブドッグと共に捕獲作戦を開始する。

愛と美の戦士を演じるに相応しい加藤ゆめさん主演の『スーパーヒロイン昇天地獄』。内容は、エロ仕様のセーラースーツを着用したエロい顔の女優さんにひたすらエロい事をして、なんとしてでも愛液を絞り出そう、というヒロインがイジられっぱなしの60分。二人の悪党に指やバイブで徹底的に搔き回され、汗も涎もマン汁も出まくりな加藤ゆめさん。彼女の顔とコスチュームに並々ならぬエロスを感じた人には、かなりオススメの逸品。

エロシーンまとめ

ちょいアナル

[7分]

アジトにおびきだされたアフロディーテが、例のクスリを打たれていきなり大ピンチ。軽々と捕まって、お尻をモミモミされまくる! アナルのアップがあるけど、2009年の作品のためかモザイク入り。アナルフェチにとっては致命的!?

立ち手マン

[12分]

十字架に拘束されたアフロディーテ。戦闘員によってパンツが降ろされ、いよいよ愛液採取開始。グレイブドッグの手マンで終始悶えるアフロディーテだったが、全身汗だくになりながらも、なんとか耐えきり、愛液採取失敗。

ローター地獄

[11分]

今度は台の上に拘束されたアフロディーテ。もう一発クスリを打たれて、更に敏感になった全身を無数のローターで責められる。アフロディーテは悶えながらも必死に耐え、またしても採取失敗。最後はグレイブドッグが手マンで少量の愛液を噴出させるが、まだまだ量が足りない。

マシン地獄

[14分]

ボールギャグを装着され四つん這いになったアフロディーテが更なる凌辱を受ける。まずはU字型のマシンで二穴責め。ダラダラと涎を垂らしながら喘ぐが……またしても愛液は採取できず。次は回転マシン。高速で回転するドリルの先に取り付けられたバイブが膣の奥までブチ込まれる……が、やっぱり採取できず。そして、ついに最終兵器の登場。仰向けで超高速ピストンマシンを挿入され、悲鳴に近い喘ぎ声で感じまくるアフロディーテは何度も昇天! しかし……、それでも愛液は採取できず。

凌辱

[6分]

愛液の採取に失敗し、「もうこいつを好きにしろ!」とさじを投げるドクターヘイト。言われた通り、グレイブドッグがアフロディーテの乳首弄ってイラマさせてバックでハメて、大根おろしみたいな精液を中出しフィニッシュ。「おまえはこの地下室で性奴隷となり、子孫を生み続けるのだ!」と、大幅な作戦変更を宣言して終了。