特撮AVにハマった!

作品レビュー

ネタバレ注意!

ヒロイン白目失神地獄 美少女仮面オーロラ編 鈴木杏里

パッケージ画像

出演

  • 鈴木杏里(オーロラ)

レビュー

2009年リリース、『白目失神地獄』シリーズの第一作目! 記念すべき最初のヒロインは、ちょっと懐かしい鈴木杏里さんが演じる美少女仮面オーロラ! モデル並み、いやそれ以上の長身美形女優である彼女が扮するオーロラに、もはや美少女の面影は無く、ただただエロいだけ。白目をむこうがむくまいが、とにかくエロい、美人すぎるオーロラ!

そんなオーロラ、今回は300年後の未来からやってきた正義のエージェント。彼女が生きる未来の地球では、人口増加と資源不足を解決するため、『犯罪要素識別システム』が導入されている。このシステムは、将来犯罪者になる人間を生まれた時点で判別し、下界に落としてしまうという、非常に画期的な施策。

しかし、下界に落とされた者にとっては、たまったもんじゃない。そこで、下界で生き残った"修羅"と呼ばれる人間たちは組織を結成し、タイムマシンを使って現代へとやってきた。目的は、システムの発案者である諏訪教授の抹殺。彼を殺し、未来を変えてしまおうと言うのだ。

もちろん、そんな事許されるはずがない。未来の政府は修羅の野望を阻止するため、エージェント・オーロラを現代へと送り込んだ。そして、オーロラは教授を安全な場所へ避難させ、修羅たちを倒すために戦うのだが……、想像以上に手強い相手に大苦戦。とうとう捕まり、様々な拷問やドミネーション、さらには凌辱まで受けて白目失神の連続。

近未来型のボディースーツから、未来では明らかに時代錯誤であろうオーロラコスへと変身し、華麗にヤラれる鈴木杏里さんの姿に、勃起が止まらない!

エロシーンまとめ

敗北

[5分]

アジトに乗り込んだオーロラ! しかし油断して毒蜘蛛に足を刺されてしまった! そこを下界の皇帝に攻撃されて敗北し、さっそく白目失神。

ドミネーション

[12分]

拘束されて腹パン連打で白目! 喉に指を突っ込まれて白目! 首絞められて白目! ベアハッグでベロ出し白目失神! 最後は失禁!

こぶ縄

[7分]

痛みを与えても口を割らないオーロラに対し、今度は女の部分を責める作戦へと変更。こぶ縄責めに涎を垂らしながら感じるオーロラは、やがて絶頂に達し……、白目失神!

顔射

[5分]

皇帝が外出する間、失神したオーロラの見張りを任される雑魚たち。「絶対手出すなよ」と釘を刺されたにも関わらず、体を触って興奮し、オナニーで顔射。

電マ

[7分]

雑魚たちの責めはエスカレート。電マで乳首とクリを徹底的に責められたオーロラは、声を上げて喘ぎながら失神。ハメられそうになった瞬間、目を覚まして反撃し、雑魚を瞬殺。

バトル

[4分]

ついに皇帝との一騎打ち。オーロラの出した必殺技が効かずピンチ! 逆に皇帝の必殺技を受けて……、立ったまま白目失神! マスクを剥がされ、美しい顔で白目!

凌辱

[17分]

白目をむいて失神したオーロラをベッドに寝かせ、パンストを破きはじめる皇帝。そのままチンコ入れて、軽く腰振ったところでオーロラが目覚める。皇帝が正常位とバックでハメながら、雑魚が口に突っ込んで、まずは口内発射。そして皇帝も中出しフィニッシュ。修羅の精液を中に出されたオーロラは、ショックで白目……。

拷問

[6分]

最後は全裸にされて電撃拷問! それでも口を割らないオーロラ。しかし……、無情にも博士が修羅に見つかってしまい終了。オーロラも白目むいて終了。