特撮AVにハマった!

特撮AVレビュー

ネタバレ注意!

美少女怪盗ヒロイン ネバネバレズ拷問

パッケージ画像

出演

  • あすかみみ(クーラ)
  • 桐原あずさ(サディレス)

レビュー

主役は正義の美少女怪盗ヒロイン・クーラ。怪盗なのに正義! 悪の泥棒組織デザイアーに盗まれた宝石を盗み返し、持ち主の元へこっそり届けるという謎の善良組織リターナスの一員である彼女は、その抜群の身体能力を活かし、敏腕怪盗として日々活躍していた。しかし、デザイア―も黙っておらず、一流の捕獲屋サディレスを雇ってクーラの撃退を試みる。サディレスはすぐにクーラの弱点を見つけ、罠を仕掛けた。その名も『怪盗ホイホイ』。名前はダサいが、効果は抜群。床一面に仕掛けられたネバネバの罠は、油断したクーラを確実に仕留めた。身動きの取れなくなったクーラは、女好きサディレスの凌辱の餌食となり、未だネバーなレズ地獄へと堕ちてゆく……。

とりあえず全編レズ。少々古い作品だが、特に古臭さも無く、ただただ美人同士のレズシーンが描かれている。ただし、登場するキャラクターが怪盗と捕獲屋ということで、スーパーヒロイン感は少な目。ローションを浴びてスケスケになったコス姿のあすかみみさんが、女軍人っぽいコスを着た桐原あずささんに、着衣のまま延々とエッチな事されるという内容。終盤は両者裸になって、割と普通のローションレズ。レズならなんでもいい!って人にとっては普通に良作だろうが、特撮っぽいレズを求めてる人にとっては、ちょっと物足りないかもしれない。

エロシーンまとめ

ネバネバ

[12分]

捕獲屋サディレスの仕掛けた『怪盗ホイホイ』に捕まり、早くもネバネバ地獄へ! 床に仕掛けられたネバネバの液体にくっついて思うように体が動かせず、アンスコパンモロを見せまくりながら、必死に藻掻く。そこへサディレスがやってきて、さらなるピンチ。サディレスもしっかりパンストパンモロしまくり。

レズ・前半

[42分]

ベッドへ連れていかれてローションレズ。ネバネバというより、ややベトベトした硬度高めのローションを浴び、コスチュームとアンスコがスケスケ。クーラの唇から腋、足の先まで、全身を味わい尽くすサディレス。コスの上からとにかく舐めまくり。その後は電マ責め。桐原あずささんの責め方、あすかみみさんのヤラレ方が共にイヤらしくて最高!

レズ・後半

[30分]

サディレスの興奮が高まり、プレイもヒートアップ。クーラのコスを脱がせ、自らも下着姿になっておっぱい揉んだり揉ませたり、超絶激しいクンニと手マンからのシックスナインで強制顔騎責め。ラストは貝合わせで二人同時にフィニッシュ! かなり簡潔に書いたが、時間はたっぷりでボリューム満点。終始ネバネバベトベトしながら犯されるヒロインが可愛すぎるし、サディレスもエロ過ぎ。