特撮AVにハマった!

作品レビュー

※ネタバレ注意!!

ヒロイン拷問ファック グラマー仮面編 茉莉花 水嶋あい

本編106 メイキング5

出演

  • 茉莉花
  • 水嶋あい

レビュー

グラマー仮面黎明期の作品。内容は、サディスト学園を舞台にしたシリーズ前期の基本的な流れを汲んだスタイルで、学園長の用意した刺客に犯られて敗北するパターンは他の作品とだいたい同じ。

今回送り込まれたのは、闇の博士が開発した絶倫セックスマシーン"T-SEX"という、どんな女でも数秒でイカせる最強のマシン。と言っても見た目は全裸のマッチョ男優さんの姿だけど、メタル合金でできたボディは、どんな攻撃も効かず、グラマー仮面はかなりの苦戦を強いられることになる。

エロいシーンはザックリ分けて3つ。まずは、T-SEXとのバトルに敗れて、たっぷりと感じさせられまくる凌辱で、挿入される直前に助かる。そして、再びT-SEXと対峙し、あっさり敗れて犯られる2回目の凌辱は本番アリ。ラストは仕置き拷問マスク剥ぎ。拘束されていくつかの拷問を受けた後にマスクを剥がされ、正体が保健室の若村麻友美だとバレて終了。触手アリ。

主演の茉莉花さんは、言うまでもなくグラマラス。相手がセックスマシーンなだけに、ただ犯られるのではなく、心の底からエクスタシーを感じてしまったり、生徒では出せない大人のエロオーラをムンムンに漂わせながらの凌辱シーンがものすごくエロい。

エロシーンまとめ

凌辱

(25分)

メタル合金製のT-SEXにはヌンチャク攻撃が効かず、逆に軽々と抑え込まれたグラマー仮面。鈴岡の目の前で、不覚にもセックスマシーンの超絶テクに感じまくってしまう。マンコへの執拗な愛撫でグチョグチョになり、いざ挿入というところでトラブル発生。グラマー仮面のあまりにもグラマラスな体に、T-SEXの性欲バロメーターが上昇し過ぎて、挿入直前で発射。射精後数分間は動けなくなるため、その隙に鈴岡と共に脱出。

  1. 凌辱 1枚目
  2. 凌辱 2枚目
  3. 凌辱 3枚目
  4. 凌辱 4枚目
  5. 凌辱 5枚目
  6. 凌辱 6枚目
  7. 凌辱 7枚目
  8. 凌辱 8枚目
  9. 凌辱 9枚目
  10. 凌辱 10枚目
  11. 凌辱 11枚目
  12. 凌辱 12枚目
  13. 凌辱 13枚目
  14. 凌辱 14枚目
  15. 凌辱 15枚目
  16. 凌辱 16枚目

着替え

(4分)

養護教諭・若村麻友美からグラマー仮面へとセルフで変身する着替えシーン。白衣コスのシーンはこことエンディングしかない。

  1. 着替え 1枚目
  2. 着替え 2枚目
  3. 着替え 3枚目
  4. 着替え 4枚目
  5. 着替え 5枚目
  6. 着替え 6枚目
  7. 着替え 7枚目
  8. 着替え 8枚目

リベンジ

(24分)

軽く鈴丘を助けてから、T-SEXの元へと向かうグラマー仮面。今度は鉄の棒を使って何度も殴りかかるが、相変わらずビクともしない。そして、案の定返り討ちに合い、用意されていたベッドの上に押し倒され、T-SEXの愛撫で再び感じまくり。だが、グラマー仮面には『挿入される前に口でイカせる』という秘策があり、自らT-SEXのチンコを口に含み濃厚フェラ開始。しかし、結局発射させることは出来ず……、挿れられてピンチ。ガッツリとハメ倒されて、最後は中出しフィニッシュ! と思いきや、フェラ時にT-SEXにコンドームを装着していて大逆転。

  1. リベンジ 1枚目
  2. リベンジ 2枚目
  3. リベンジ 3枚目
  4. リベンジ 4枚目
  5. リベンジ 5枚目
  6. リベンジ 6枚目
  7. リベンジ 7枚目
  8. リベンジ 8枚目
  9. リベンジ 9枚目
  10. リベンジ 10枚目
  11. リベンジ 11枚目
  12. リベンジ 12枚目
  13. リベンジ 13枚目
  14. リベンジ 14枚目
  15. リベンジ 15枚目
  16. リベンジ 16枚目

拷問

(20分)

とりあえず色々あって、結局は捕まって拷問を受ける羽目に。強烈な鞭打ち、固定バイブ電マ、ヘチマ浣腸、鉄球、そして何故か触手にも責められて、最後は触手地獄の中でマスク剥ぎ。若干ゴチャゴチャしてる感はある。

  1. 拷問 1枚目
  2. 拷問 2枚目
  3. 拷問 3枚目
  4. 拷問 4枚目
  5. 拷問 5枚目
  6. 拷問 6枚目
  7. 拷問 7枚目
  8. 拷問 8枚目
  9. 拷問 9枚目
  10. 拷問 10枚目
  11. 拷問 11枚目
  12. 拷問 12枚目
  13. 拷問 13枚目
  14. 拷問 14枚目

この作品の詳細

前の記事 次の記事