特撮AVにハマった!

特撮AVレビュー

ネタバレ注意!

高飛車ヒロイン羞恥責め 真木今日子

パッケージ画像

出演

  • 真木今日子(レディーミラージュ)

レビュー

真木今日子さん主演の、一風変わった凌辱モノ。アメコミ系のような、そうでもないようなデザインのダーク系ヒロイン、レディーミラージュ。主人公は人気の美人キャスターで、常に高圧的な態度が周りの反感を買ってしまう、まさに高飛車なキャラ。そんな生意気な女は、テレビの生中継で公開凌辱してやろう! っていう趣旨の作品。

公開凌辱シーンは最後の30分ほどで、前半戦は弱みを握られたヒロインの服従オナニー&セックス。副業アルバイトで戦闘員をやってる番組ADに正体がバレ、それをネタにオナニーやフェラを要求をされてピンチに陥る。ただ、ヒロインが高飛車な性格ゆえに、「コイツを満足させればいいんでしょ?」と高を括って、余裕のオナニー&濃厚フェラ。そしてフル勃起した戦闘員とガッツリハメまくって、全て解決かと思われたところで、真の制裁へと続く。

メインの公開羞恥凌辱シーンは、完全にシチュエーションありきで、内容は少々ぬるい。変身して淫語入りのエロニュース原稿を読まされたり、電マやバイブで責められながら舌出しダブルピースさせられる程度だから、番組の一視聴者になりきれる人じゃないと、ヒロインの羞恥心を十分に感じ取ることはできないかもしれない。

エロシーンまとめ

オカズ

[16分]

怪人との死闘の末、見事勝利したレディーミラージュだったが、彼女自身も相当なダメージを受けてしまい、その場で気絶。そこへ現れた一人の戦闘員が、コスチュームを脱がせて写真撮影。しかし、それだけでは飽き足らず、下着も脱がせてクンニ。さらに、顔の前でチンコ出してオナニーをして、そのまま顔射。

オナニー

[22分]

写真撮った戦闘員の正体が、自信がキャスターを務める番組のADだった事で超絶ピンチ……。写真をネタに脅迫されて、絶対服従しなければならない状況に! まずはオナニーをしろと要求され、すぐさまオナり始めるレディーミラージュ。自分でマスクを取り、股間を擦りまくり。四つん這いになったり、体位を変えながら、最後はエビぞりブリッジで絶頂を迎える。

本番

[19分]

続けて、フェラを要求されたレディーミラージュ。戦闘員をさっさと満足させて解放してもらおうと、激しく濃厚なフェラを披露。しばらくフェラした後、我慢できなくなった戦闘員が挿入して本番スタート。正常位と騎乗位でハメて、顔射でフィニッシュ。

絶頂

[23分]

番組を乗っ取られ、オナニーしながら淫語ニュースを読まされるレディーミラージュ。さらに、負ければ即マスク剥ぎの「絶対イってはいけないゲーム」をさせられてピンチ。視聴者が見守る中、ガニ股電マ責めで、不覚にも果ててしまう。罰として戦闘員にマスクを取られるが、両手で顔を隠してその場はなんとかセーフ。しかし、両手が塞がったまま手マンされて、再び絶頂。

羞恥

[9分]

ラストは、股間シースルー&おっぱい丸出しに改造されたコスチュームを着用してのリモコンバイブ責め。カメラの前で舌だしダブルピースさせられながら、リモコンのスイッチ入ったり切れたりで感じまくりの羞恥プレイ。