特撮AVにハマった!

作品レビュー

ネタバレ注意!

美少女戦隊アクトレンジャーvsモラハラ窓際コンプレックスモンスター

パッケージ画像

出演

  • 茉莉花みく(アクトレッド)
  • 青山未来(アクトブルー)
  • 綾瀬ことり(アクトイエロー)

レビュー

美少女AVメーカーのkawaii*から発売されてる特撮作品。普段からお世話になっているメーカーではあるものの、見たい作品は他にいくらでもあるためスルーしてたが、なんとなくぬるい作品が見たくなったので視聴したら……、そこまでぬるくないし、むしろ丁度いい湯加減だった件。失礼な偏見は土下座するしかないレベル。

タイトルからお察しの通り、登場するヒロインは戦隊モノ。世間のJKたちから「キモイ」だの「ウザい」だのと蔑まれてきたオジさんたちによって結成された秘密結社『悪式害社ブラック』を倒すため、3人の女子校生が立ち上がる。そう、彼女たちこそがまさに今回の主役、美少女戦隊アクトレンジャー。茉莉花みくさん、青山未来さん、綾瀬ことりさんの3人が、純潔をエネルギーに変える"イノセントシステム"によって、戦隊スーツを着こなし、悪と戦ったりエッチしたりするストーリー。

メーカーがメーカーだけに、ゴリゴリの凌辱シーンや暴力的な描写は皆無だが、クオリティの高いCGをふんだんに使用したり、GIGAの作品によく出る俳優さんを起用するなどして、ヴィジュアル面ではかなり特撮に寄せてきてる。ただし、内容の方は、主役のお三方がオジさんと普通っぽいセックスしたり乱交したりする、メーカーのスタイルそのもの。これはある意味、特撮ファンとkawaii*ファンのどちらも満足できない可能性がある。とりあえず、どちらのファンでもある私は満足したけど。

これも失礼な偏見だが、この作品を見ようという人は、きっと何の期待もしてないだろうし、ハードルも下がり切ってる思う(失礼すぎ!?)。しかし、いい意味で期待を裏切り、設定したハードルを大幅に超えるのは必至。約3時間という収録時間はちょっと長いけど、ストーリーがまともなので、割と飽きずに見られる。という訳で、特撮作品に対して、コスパ面での不満がある人には特にオススメ。なお、この戦隊コスチュームをカッコイイと感じるか、ダサいと感じるかは、あなた次第……。

エロシーンまとめ

SM部長現る

[26分]

青山未来さんへの凌辱。欲望の渦巻く異次元世界・インモラルワールドにて、SM部長キンバクの餌食となるブルー。押し倒されて、手マンされて、イラマ&フェラの後に本番。嫌がりつつも、割と積極的にハメられて、フィニッシュはコスチュームに腹射。最後はしっかりお掃除フェラ。なお、SMプレイはない。この先もない。

電動課長現る

[24分]

綾瀬ことりさんへの凌辱。電動課長バイブレーターによるバイブ責めかと思いきや……、割と普通に犯されるだけ。指マンされてフェラして本番。最後はコスチュームに発射。GIGAの作品にも出演している綾瀬ことりさんが、普通にカワイイ!

乱交1

[29分]

ブルーとイエローが人質に取られ、救出へ向かうピンクだが……、もちろんすぐに捕まり、3人まとめて犯られる。男女6人が入り乱れての乱交レイプ。もはや純潔は完全に失われ、アクトレンジャー壊滅の危機!

ピンクピンチ

[23分]

茉莉花みくさんへの凌辱。悪式害社ブラックがアクトレンジャーを完全に壊滅させるためには、更に強力な社員が必要。理性を破壊し欲望を解放する装置を開発し、社員を強化する。そして、欲望の塊となった社員がピンクを犯る。分娩台の上で、がっつりセックス。ここだけの話……、コスチュームはピンクだけど、実はレッド。

バイブ責め

[12分]

青山未来さんと綾瀬ことりさんへのバイブ責め。電動課長の本領発揮! と言っても、全裸になったブルーとイエローにバイブ突っ込むだけだが……。するとそこへ、悪堕ちして改造社畜アクトブラックになったピンクが登場し、バイブ責めに苦しむ二人の姿を見ながらオナニー。

乱交2

[28分]

友情の力でピンクが復活! これまでのように純潔をエネルギーに変える"イノセントシステム"は使えなくなったが、博士が新たに開発した"インモラルシステム"によって、エッチなエネルギーで再び変身できるようになったアクトレンジャー。欲望モンスターと化した悪徳社員たちを倒すためには、彼らの性欲が無くなるまで絞り尽すしかない! という事で、逆レイプしてひたすらセックス!