特撮AVにハマった!

作品レビュー

ネタバレ注意!

ヒロイン洗脳 Vol.09 愛と平和の戦士アフロディーテ

パッケージ画像

出演

  • 大槻ひびき(アフロディーテ)

レビュー

可愛い顔して超絶にエロい大槻ひびきさん扮する主人公は、普段は売れっ子の清純派アイドルとして活躍する一方で、愛と平和をこよなく愛する正義の戦士アフロディーテとして街の平和を守っているのだった!そして、アフロディーテが使う魔法のバトンを狙う悪い博士によって捕まるのだった!しかし、魔法のバトンはアフロディーテが神様から授かったものであり、この世でアフロディーテしか使う事が出来ないのだった!だから博士はアフロディーテを洗脳して本人にバトンを使わせることで地球征服を企むのだった……![BAD END]

愛と平和の戦士アフロディーテの洗脳悪堕ち淫乱化痴女悦楽編。結論から言うと、メチャクチャ抜けた。とにかく大槻ひびきさんの堕ちっぷりが良すぎて抜けた。洗脳装置によって与えられた衝動が、清純な主人公の中に潜むリビドーを呼び覚まし、性的な本能に支配されてしまうところまでは割と普通の洗脳モノと同じだが、今回は潜在的な暴力性までもが開花してしまい、エロくなるだけでなく、悪くもなって、洗脳した博士まで殺して、最終的には自らが悪の支配者になるというオチ。

エロと悪に染まりゆく自分自身に葛藤しながらも、ジワジワと性本能に押しつぶされて痴女化していく一連の流れが、実にナチュラル。洗脳されてからのエロじゃなくて、されるまでの過程のエロがメインなので、ヒロイン洗脳シリーズの醍醐味を余すところなく楽しめる。とりあえず、そういうの好きな人にはかなりオススメ。

エロシーンまとめ

討伐

[6分]

捕まったアフロディーテへの討伐拷問。鉄パイプで殴られ、ムチ責め、からのスタンガンで気絶。

洗脳

[14分]

機械による洗脳。脳に自慰行為がしたくなる衝動を与えられたアフロディーテが、脳内意識の中でオナニー。この時、性的な本能と共に、暴力性まで目覚めて狂暴化。博士の仲間や戦闘員を殺してしまい自己嫌悪。

凌辱

[50分]

アフロディーテの精神を完全に破壊するための凌辱。突然現れた男に無理やり足を開かされてパンストビリビリ。コスチュームも破られ、柔らかいオッパイと綺麗な乳首を責められた後、手マンでグッチョグチョ。簡単に仮面を外され、目の前に鬼勃起したチンコを差し出されると、葛藤しながらも自分からしゃぶり始める。時折正気に戻るが、性衝動を抑えきれずに激しくフェラ。続く本番シーンも、僅かに残った理性と戦いながら、徐々に快楽堕ち。そしてついに、騎乗位の途中で悪コスにチェンジし淫乱痴女化! 画像はかなり端折ってあるけど、このブロックが作品のメインでボリューム満点。

痴女

[12分]

完全に痴女化し、ジュルジュルいやらしい音を立てながら濃厚フェラ。自らオッパイを出して男の顔に押し付けたかと思えば、網タイツを破って顔騎! パンツ捲って生々しいマンコ舐めさせ、腰振りまくって絶頂。そして、博士と自分のマネージャーを軽々と葬り、悪のアフロディーテとして君臨。