特撮AVにハマった!

作品レビュー

ネタバレ注意!

方言ヒロイン 芹沢つむぎ

パッケージ画像

出演

  • 芹沢つむぎ(ブシドーイエロー)

レビュー

芹沢つむぎさんの、方言ヒロイン!? パケ写を見れば、なんらかの戦隊イエローが地方から出てきた事は容易に想像できるけど……、内容は意外にも、淫語&肉体操作! 負傷した前任のイエローの代わりに、急遽九州から上京してきた新イエローが、標準語もままならないのに、淫語を言わされまくったり、敵が放つ淫語通りの行動をしてしまったりと、終始敵の良いようにやられっぱなし。

黒髪、ツインテール、低身長、博多弁と、非常に良くできたハイスペックヒロインでありながら、自らの方言をコンプレックスに感じている主人公。見た目も喋り方も可愛いのに、敵はおろか、味方ですらコミュニケーションが取れないほどの方言は、確かに致命的だ。全体を通して非常にユルい作品だけど、芹沢つむぎさんから発せられる淫語や、アンコントローラブルな凌辱モノで抜きたい人にはオススメ!

エロシーンまとめ

上京

[5分]

負傷したブシドーイエローの代わりに、九州から二代目イエローが駆け付けた。基地に向かう途中、さっそく悪の軍団プラティノと遭遇した彼女だったが……、あまりにもナマリが強すぎて相手にされない! 変身してようやくブシドーイエローだと認識されるも、やはり言葉が通じず、まんまと逃げられてしまった。

淫語

[4分]

上京して早々、言葉の壁にブチ当たってしまったイエローは、方言コンプレックスを克服するために、コミュニケーション学校へ入学。そこで、講師の男に続いて様々な単語を言わされるが……、途中から破廉恥な言葉が混じる! チンポ、ケツの穴、アクメ、生フェラ、アナルセックス、潮吹きオナニー、口内射精、アヘ顔ピースサイン……。

凌辱

[8分]

突然体が火照りだすイエロー……! そう、これはプラティノの罠だったのだ。体に力が入らなくなり幹部と戦闘員に凌辱されるが、変身して自力で解決。

肉体操作1

[17分]

基地に戻ったイエローの前に現れたのは、プラティノの大ボス。コイツは言葉を操る妖術を使い、淫語を言わせるだけでなく、肉体操作まで出来る強敵だ。おマンコビチャビチャ、シオ吹きまくり、オナニー、乳房もみまくり、見せつけオナニー、おねだりフェラ……。意のままに操られるイエロー……!

拷問

[4分]

拘束されて、軽い拷問。

肉体操作2

[12分]

そして再び、淫語妖術! 舌だしアヘ顔、腰振りおねだり、ド淫乱乳首つまみ、バキュームフェラ……!!

本番

[12分]

セルフ腰振りセックス! 妖術に操られたイエローは、自ら戦闘員にまたがり必死に腰を振る。そして……、豪快に潮吹きアクメ! その後も、ひたすら騎乗位で腰を振り続けるイエロー。

誇り

[2分]

彼女は気づいてしまった……。自分の心の弱みに付け込まれている事に! 方言をコンプレックスに感じている事こそが、自分を縛り付けていたのだ。もう方言を恥じる必要はない。自信を取り戻し、ボスを倒してハッピーエンド!