特撮AVにハマった!

特撮AVレビュー

ネタバレ注意!

ヒロインどっきり悪戯大作戦 阿部乃みく

パッケージ画像

出演

  • 阿部乃みく

レビュー

阿部乃みくさんが演じる戦隊ピンク、フォンテーヌ、セーラー戦士、宇宙特捜アミーの計4タイプのヒロインへのドッキリ8連発! ドッキリの内容はしょーもないモノからソコソコなモノまで、実に様々。目を通しておくように言われた資料映像がAVだったり、怪人がドMだったり、任務を終えて帰還したら、基地がまるごと悪の組織に変わっていたりとか、そんな感じ。

趣旨的に単なるパロディモノかと思いきや、思ったよりもエロい。それぞれ奇抜なシチュエーションではあるけど、我慢を強いられたり凌辱されたり、様々な状況に耐え続ける阿部乃みくさんが普通に可愛い。彼女のエロい体系や二の腕が際立つ戦隊コスは変身&非変身の両方、時には戦闘員コスも着用するなど、コスチュームの種類が豊富。とにかく阿部乃みくさんの色んなヒロインのエロを、やや質より量重視で楽しみたい人にオススメ!

エロシーンまとめ

洗脳

[16分]

実際は洗脳されてないのに、あたかも洗脳されてるように振舞いながら、とにかく時間をかせがなければならない状況で、戦闘員からのセクハラに、いつまで耐えられるのか……!? というどっきり。オッパイ触られたり、パンツの中を弄られたりしても耐え続けるピンク。オナニーを命令されて、軽くオナったところでネタばらし。

淫語

[4分]

長官から新たな必殺技を与えられたピンク。使用方法は至って簡単で、必殺技の名前をハッキリと叫ぶだけ。だが……、ピンクの必殺技の名前は『グチョグチョオマンコクサイノ』! あまりにも卑猥な言葉に戸惑うピンクだが、タイミング悪く出動命令が下る。強敵怪人を相手に、必殺技が出せるのか!?

オナニー

[7分]

テレビ番組に出演する事になったフォンテーヌ。番組資料DVDに目を通しておくように頼まれ、プレイヤーで再生すると……、なんとエロ映像が! 清純なヒロインには耐えがたい仕打ち……、かと思いきや、ついついオナニーをはじめるフォンテーヌ。

女戦闘員

[4分]

任務を終えたピンクが基地へ戻ると、なんと戦隊基地まるごと悪の組織に変わっていた! 「我々は今日から悪の組織として活動する。すぐに制服を着替えろ」と、長官からありえない命令を受け、仕方なく女戦闘員コスへ着替えるピンク。「もしかしたら、悪の組織を欺くための作戦かもしれない」。そう思って、長官の元へ戻ると……、何故かいつもの基地へ戻っていた! 女戦闘員コスを着たピンクはすぐに取り押さえられ、軽いエロ拷問を受けてしまう。

ドM怪人

[6分]

怪人と戦うセーラー戦士。だが、どれだけ攻撃しても、怪人は痛がるどころか、「もっとやって!」と欲しがるばかり……。そんなドM怪人を責めているうちに、セーラー戦士にもSっ気が目覚め始めた……!

尻コキ

[10分]

とある宇宙人が地球視察にやってきた。突如大使に任命された宇宙特捜アミーが宇宙人とあいさつを交わすのだが……、その宇宙人の星のあいさつの仕方が、ちょっとエロい。

全裸仮面

[11分]

母にプレゼントする服を川に落としてしまったという哀れな男と遭遇したフォンテーヌ。なんと偶然にも、落とした服はフォンテーヌが着ているものと同じだという。心優しきフォンテーヌは、上着を脱いで男に与えた。その後も、遭遇した奴らに服を与え続け……、気付けばフォンテーヌは全裸に! こうして新たなる全裸仮面が誕生した。

凌辱

[25分]

任務を終えたピンクが基地へ戻ると、なんと戦隊基地まるごと悪の組織に変わっていた! だが、二度も同じどっきりは通用しない。学習したピンクがあえて戦隊スーツに変身して長官の元へ戻ると……、今度は基地が元通りになってないパターン。ピンクはそのまま戦闘員に捕まり、拘束されて凌辱されてしまった……! たっぷり中出しされたところで、ネタバラシされて終了!