特撮AVにハマった!

特撮AVレビュー

このページには、一部ショッキングな表現が含まれています。

ネタバレ注意!

アメコミヒロイン白目討伐 みづなれい

パッケージ画像

出演

  • みづなれい(SUPER▼WOMAN ルーン)
  • 朝桐光(アレス)

レビュー

みづなれいさんが演じる可愛いアメコミヒロイン、SUPER▼WOMANの白目討伐&ドミネーション! 内容はハードだけど見た目はかなりソフト。終始ダメージ表現が控えめなため、『みづなれいさんは好きだけど討伐系作品が苦手』って人でも余裕で視聴可能。むしろ、彼女がDogmaとかでやってるリアル討伐プレイの方が、外見的なダメージ度は高い。

内容は、弱点鉱石ファルコニウムで弱体化しきった主人公・ルーンへの一方的な責め3パターン。1つ目は、弱体化という圧倒的に不利な状況で、三人のレスラーにボコボコに痛めつけられるドミネーション。2つ目はバイブ責め。もちろん普通のバイブではなく、ファルコニウムの塗られたバイブ。そんなものを膣内に突っ込まれれば、もうどうしようもない。同時にバイブでのイラマもあり。そして、最後は巨大な壁責め。床に倒れたヒロインの上から、巨大な壁を落下させるという超ハード討伐。潰れないけど、軽く出血!

強くてカッコ良いヒロインの姿を拝めるのは最初だけで、それ以降は無様なヤラレっぷりのみ。いずれのシーンでも涎を垂らしながら白目で痙攣するが、前述のとおり顔以外の見た目のダメージがほとんどなく、最後までコスチュームが綺麗。特に目を背ける事も無く、みづなれいさんのヤラレを楽しめるのは、ライト層にとっては嬉しい仕様だと思う。ちなみに朝桐光さんは、不敵な笑みを浮かべながらヒロインを責めたりする女幹部アレスの役で、直接的なエロは無し。

エロシーンまとめ

活躍

人質立てこもり事件の現場へ急行するルーン。いとも簡単に犯人を倒すが、実は人質が悪い奴で、しかもそいつがファルコニウム鉱石を持っていて早くも絶体絶命!

ドミネーション

[34分]

弱点鉱石ファルコニウムにヤラレ、テンペルのアジトまで連れていかれたルーンは、三人のレスラーたちからフルボッコドミネーション責め。腹パン連打で涎垂らしながら白目。途中、ルーンは取引を持ち掛けられるが、もちろん断り、さらなるドミネーション責め。そして、白目で痙攣。

バイブ責め

[16分]

ファルコニウムのネックレスを飲み込まされ、パワーが無くなって金髪解除。さらに、幹部のチンコをしゃぶらされれながら、ファルコニウムがベットリ付いたバイブを挿れられて体はボロボロ。最後は再び涎垂らしながら白目でノックアウト。

巨大壁

[7分]

倉庫の床で仰向けになったルーンは、上から巨大な鉄壁を打ち付けられて白目どころか瀕死……。顔面にも容赦なく打ち付けられて出血し、最後は雑魚怪人のオシッコを浴びて終了。スケールの割に、表面的なダメージは少ない……、さすがSUPER▼WOMAN!