特撮AVにハマった!

特撮AVレビュー

ネタバレ注意!

元祖スーパーヒロイン スーパー戦隊ゴーゼルファイブ 持田茜

パッケージ画像

出演

  • 持田茜(桃山ミク)

レビュー

戦隊ヒロインのピンクジャージ&ショーパンのエロス! 持田茜さんが演じる主人公・桃山ミクが、暗黒化学帝国デビルダークの開発したエネルギー採取マシーンの実験台となり、非変身コスのまま責められまくる!

責められれば責められるほど、主人公の体から生み出される未知のエネルギー。オッパイもあるけど、責めの大半は下半身に対するもので、彼女のムチムチ・プリンップリンなお尻や太ももなど、股間周りのエロが充実! 変態戦闘員からブーツの匂いを嗅がれたり足を舐められる、ちょっとした脚フェチシーンもアリ。

ただ、本番などのレイプシーンは無く、十字架磔、M字、四つん這い姿での比較的ソフトな拘束凌辱が中心なので、若かい頃のしじみさんこと持田茜さんや、このコスチュームが人一倍好きな人向け。全体的に地味な作品ではあるけど、思ったより抜ける。詳しくは↓で!

エロシーンまとめ

拷問

[6分]

本編開始と同時に、すでに囚われの身となっている主人公、桃山ミク。ゴーゼルファイブの紅一点である彼女だが、変身するタイミングを逃してしまったらしい。

非変身

[15分]

気絶していたところ、匂いフェチの戦闘員に軽くエロい事をされてしまったミク。意識を取り戻し戦うが、応援を呼ばれてピンチ。人質を取られて変身する事も出来ず……、自身の武器で責められ再び気絶!

ムレムレ

[9分]

磔にされたミクが、再び匂いフェチ戦闘員によって匂いを嗅がれてしまう。ムレムレのブーツを脱がされ、パンストも破かれ、足の指まで舐められちゃう。

M字

[13分]

ついにミクの体を使った人体実験が始まった。M字状態で体を弄り回されるミク。快感を得るたびに、彼女の体から未知のエネルギー『エスカトロンα』が生み出されてゆく。

四つん這い

[16分]

続いて四つん這い姿でも実験。ショーパンを切り裂かれ、電マ責め、クンニ責めで順調にエネルギー生成。

美味

[5分]

実験の成功を受け、ミクから溢れ出るエネルギーを首領グスタフ自ら味わう。新体操選手だったミクの上質なエネルギーは格別!

抵抗

[15分]

自らの意思に反して、ミクの体は快楽を求め始めていた。しかし、彼女の心はまだ堕ちてはいない! 戦闘員たちは、彼女の身も心もイカせるために、電マを使って総攻撃!

快楽堕ち

[7分]

「もっとイカせて……」。ついにミクの口から衝撃の言葉が漏れる……! もう電マは必要ない。手枷を解けば、彼女自らオナニーをはじめ、エスカトロンαが生み出し続けるのだから。