特撮AVにハマった!

特撮AVレビュー

ネタバレ注意!

スーパーヒロイン危機一髪!! Vol.52 愛と平和の戦士アフロディーテ編 石原あい

パッケージ画像

出演

  • 石原あい(アフロディーテ)

レビュー

とある権力者の娘が、悪徳政治家に狙われてピンチ! しかし、その娘の正体は正義の戦士アフロディーテで……、それでも結局ピンチ! 拷問されたり、政治家のおっさんに犯されたり散々な目に遭うけど、最終的には強引な展開に持ち込まれて、無事助かるという、『スーパーヒロイン危機一髪』シリーズ定番のハッピーエンド。

全体的に派手さは無いが、このシリーズ特有のぬるさも無くて、内容はまずまずといったところ。登場する敵が普通の人間なので、非現実的な要素が少なく、この辺りは好みが分かれそう。一応、痛覚が無くてアフロディーテの攻撃が全く通用しない強敵が登場するけど、そこまで人間離れはしてない。

ヒロインのアフロディーテは、お嬢様や清楚なキャラクター設定であることが多く、この作品でも例に漏れず、"財界の大物の娘"という設定。分かりやすくお嬢様っぽい敬語を使ったり、愛と平和を愛するヒロインらしい振る舞いをするなど、かなりアフロディーテアフロディーテしているのだが、正直、主演の石原あいさんにそこまでフィットしてない。気がする。GIGAアクション女優の一角なだけに、バトルシーンは格闘メインで、武闘派アフロディーテ。そっち派の人は、より楽しめるかも。

エロシーンまとめ

討伐

[12分]

痛覚の無い敵にヤラレ捕まって拘束。神経を過敏にさせる注射を打たれてから、有刺鉄線責め。殴られたり、グリグリ押し付けられたりしながら痛めつけられる。その後はブラジャーを抜き取られて電撃責め。薬のせいで、痛みが数倍になっている! という設定。

凌辱・前半

[23分]

電撃のショックで体が動かない状態のアフロディーテを、黒幕の大臣・一本松が、ネチネチと犯す。まずは乳首を責めてから、パンスト破いてアンスコ脱がせて、ローターでクリ責め。

凌辱・後半

[23分]

続けて、手マンとクンニを経て、ソファーの上で本番スタート。仮面を取られて正体バレ。脅迫用の動画を撮影されながら、正常位と立ちバックでハメられて、最後は床で中出しフィニッシュ。

危機一髪バトル

直後、油断した一本松を脅して、動画データを奪って逃走するが、痛覚の無い男に道を塞がれて再びピンチ。石原あいさんがキレのある格闘を披露し、危機一髪シリーズっぽい急展開やひと悶着があって、一件落着!