特撮AVにハマった!

特撮AVレビュー

ネタバレ注意!

スーパーヒロイン絶対絶命!! Vol.08 プリティーハート七変化 上原ちなつ

パッケージ画像

出演

  • 上原ちなつ(プリティーハート)

レビュー

『スーパーヒロイン絶体絶命!!』シリーズの昔の作品。結論から言うと……、かなり面白い。内容が若干討伐寄りであるため、それをエロいと感じるかどうかはアナタ次第ではあるが。

ただ、ヒロインはものすごくエロい。主演の上原ちなつさんが結構イイ味出してる。ちょっとマッチョっぽく見えるくらいガタイが良くて、戦闘員より背が高く、とても魅力的なヒロイン。直接の露出は少ないけどオッパイは大きめで、コスチュームのデザイン上、腕を上げるシーンではジョリ腋を全開。顔は、カッコイイとカワイイの中間くらいで丁度いいと思う。全体的に、ややマニアックなエロさではあるが、個人的には勃起度高め。

そんな彼女が演じる主人公プリティーハートは、悪の死神軍団から地球を守る正義の使者として、研究者である父親が造り上げた人造人間。普段は普通の女の子で、いざ敵が現れれば変身して戦う。と、この辺のキャラ設定は割と普通。宿敵との死闘の末、ボロボロになって研究所へ戻り、治療を受けてるところから物語が始まり、父親の正体が明らかになったり、討伐ドミネーションなどで苦しんだりする。いわゆる一般的な性表現が少ない代わりに、その他の要素が詰め込まれていてボリューム感があり、ヒロインの絶体絶命感を楽しむにはもってこいの作品だろう。ただし、旧作好きに限る。

エロシーンまとめ

全裸

[4分]

敵の戦闘員によって基地が急襲され、麻酔で眠っているプリティーハートが狙われる。いつもはボコボコにやられている戦闘員たちが、ここぞとばかりに、おっぱい揉んだり、太ももスリスリしたり、プリティーハートの体を堪能しまくる!

ピンチ

[6分]

戦闘員とのバトル中、突如体に異変が起き、雑魚相手に大ピンチ! 鎖で拘束され、棍棒でボコボコ。とどめのベアハッグでノックアウト。異変の原因は、死神軍団に洗脳された父親が、遠隔操作でプリティーハートの体に与えていたエッチな刺激。

討伐

[5分]

死神軍団のアジトに乗り込んだプリティーハート。宿敵サンダーボルトを倒すも、捕まってしまう。羽交い絞めにされて、棍棒で殴られ、強力な電撃攻めまで食らって絶叫。

洗脳

[21分]

元々死神軍団の研究者だった父親が作り上げたプリティーハート。それ故、彼女にも立派な死神軍団の血が流れている。暗黒死神が、人間の感情を持ち過ぎてしまったプリティーハートの中に眠る邪悪な血を呼び覚まそうと、様々な方法で洗脳を試みる。磔にされて、鎖での締め付け、おっぱい鷲掴み、ドミネーションで泡吹いて気絶。しかし、それでも洗脳できないため、父親が用意した媚薬入りの特殊な液体をアナルから注入し、お尻を電マで刺激すると絶叫して気絶。

凌辱

[17分]

快楽での洗脳。暗黒死神自ら漆黒のチンコを打ち込み、豪快なピストンでハメる。その後は戦闘員たちに全身弄られ、最後はサンドバック状態となり、おっぱいと顔を踏み付けられて終了。