特撮AVにハマった!

特撮AVレビュー

ネタバレ注意!

スーパーヒロイン絶体絶命!! Vol.34 チャージマーメイド三部作 最終章 野中あんり

パッケージ画像

出演

  • 野中あんり(チャージマーメイド/葵七海)
  • くるみ(クローン)

レビュー

野中あんりさん扮する主人公チャージマーメイドこと葵七海が『スーパーヒロイン鬼畜大凌辱 チャージマーメイド完全版』という作品の中で、銀河大侵略軍ガジューマの大幹部ガルークや怪人たちに大輪姦された後の物語。ガジューマのアジトで囚われの身となっていた七海は、自らの力でガルークを倒し、無事チャージマンの基地へと帰還した。しかし、すぐにまた色々な事が起こり、最終的に悲しい結末を迎えてしまう。なお『鬼畜大凌辱』の記事は下記リンク参照。

内容は軽いボディーコントロール、レズ、ダブル凌辱。この"ダブル"というのは七海自身と、七海の細胞から造られたクローンチャージマーメイドの事で、"レズ"はチャージマーメイド同士のレズプレイ。クローン役のくるみさんは顔出しだけど、クローンはまだ未完成という設定であんまり似てないけど、どっちも可愛い。また、本編60分の短い作品なので油断してるとすぐ終わっちゃう! ちなみに、他の作品のストーリーと潜在的な繋がりがあるため"三部作"、最後に七海が死んじゃうから"最終章"となってるけど、そこまで深い意味はなさそう。

エロシーンまとめ

帰還

[7分]

ハイパーガルークを倒し、ガジューマのアジトを脱出した七海。だが、すぐに追手に見つかりバトル開始。完全に回復出来てない状態の七海は、複数の戦闘員を相手にかなりの苦戦を強いられるが、変身してなんか撃破し、基地に帰還!

クローン

[4分]

パトロール中の七海が謎の救難信号をキャッチ。現場に到着すると、そこに居たのはチャージマーメイド……!? それは、七海がガジューマに捕らわれている間に採取された細胞から生み出されたクローンだという。その時、クローンが七海に襲い掛かる!

シンクロ

[8分]

相手は七海のクローンだ、七海の事なら何でも知っている。もちろん性感帯も……。クローンに責められてピンチの七海! だが、言い換えれば、クローンは七海自身だ。七海はクローンと波長をシンクロさせる事に成功し、二人で協力して怪人を撃破!

おっぴろげ

[6分]

二人の前に、ゴーストとなったガルークが現れた。ガルークがクローンに命令すると、クローンは恥ずかしい部分をさらけ出し始める。それと同時に、クローンとシンクロしている七海の体も動いてしまう……。

凌辱

[8分]

七海とクローン、二人まとめて凌辱。七海はガルークに、クローンは戦闘員にハメられ、最後はドピュッと中出し。

レズ

[11分]

シンクロし過ぎたためか、突如レズプレイがスタート。クローンはまだ完全体でないため、顔が若干違うけど、二人のチャージマーメイドのレズ。股間をシンクロさせながら絶頂!

フルボッコ

[4分]

そしてクローン消滅! と同時に、七海から産み落とされたクリスタルが戦闘員に変身。七海の遺伝子を持つ最強の戦闘員から、ボコボコにされ、体中斬り刻まれて……、彼女は無様な最後を遂げた。