特撮AVにハマった!

特撮AVレビュー

ネタバレ注意!

巨大ヒロイン (R) マシンレディー 松野ゆい

パッケージ画像

出演

  • 松野ゆい(陽子)

レビュー

巨大ヒロイン、マシンレディー! その名の通り、マシンレディーは巨大なマシン、というかロボット。コックピットに乗り込んだ主人公がマシンレディーとなんらかの神経を接続する事でシンクロし、より柔軟な操縦性を実現した画期的なロボ。そのため、直接変身するタイプの巨大ヒロインとは、若干違う趣向の作品となっている。

内容は、巨大ヒロインに加え、コックピット内で操縦する非変身ミニスカヒロインとのダブルエロ。両者の神経が接続されている事により、マシンレディーが攻撃を受ければ操縦してるパイロットも痛みを感じるし、エッチな事をされれば快楽を感じてしまう。もちろん、その逆もしかり。中の人が直接快楽を与えられれば、マシンレディーはたちまち喘ぎ悶えて戦闘不能状態に陥るのだ。

悪の巨大ロボに凌辱されるマシンレディー、その影響を受けて感じまくる主人公……! と、そんな感じで両者のシーンが交互に切り替わる臨場感重視のスタイル。全身からエロスが滲み出てる松野ゆいさんが、コックピットの中でとにかく悶えまくってて、特に終盤でマシンレディーがハメられてからの畳みかけるような喘ぎっぷりは、もはやシコシコが止まらない!

エロシーンまとめ

ピンチ

[6分]

研究所の職員が、悪の帝国ブラックホールに襲われピンチ! 奴らの狙いは研究所が開発した"気象コントロールマシン"。すぐに主人公・陽子が駆け付けたが……、マシンは奪われてしまった。

バトル

[11分]

奪われた気象コントロールマシンによって、世界が闇に包まれた。そして……、悪の巨大ロボも出現! 陽子もマシンレディーに乗り込み、早速巨大バトル開始!

一心同体

[9分]

だが、相手はあまりにも手ごわい。しかも、マシンレディーが受けたダメージは全て、陽子の体に直接伝道されるのだ。もちろん、伝わるのは痛みだけでなく、快楽も……! ロボに弄ばれるマシンレディー&陽子。

快楽

[13分]

凌辱はさらにエスカレート。マシンレディーのコックピット内にて、陽子が悶えまくる!

侵入者

[17分]

なんと、コックピット内に侵入者が! 陽子が責められ、マシンレディーは戦闘不能……。

本番

[13分]

とうとうマシンレディーがハメられてしまった。街のど真ん中で、徹底的にパコパコ……! コックピット内で間接的に突かれる陽子も、激しく悶えまくりの喘ぎまくり!

反撃

[2分]

そして絶頂! だが、最期は巨大ロボを倒し、なんだかんだでハッピーエンド。