特撮AVにハマった!

特撮AVレビュー

ネタバレ注意!

巨大ヒロイン(R) シグマレディー 川上ゆう

パッケージ画像

出演

  • 川上ゆう(シグマレディー)

レビュー

川上ゆうさん主演の巨大ヒロイン・シグマレディー。作品の見どころはいくつかあるけど、一番の山場は、拉致した主人公に怪人のチンコを突っ込んでDNAを採取し、それを使って作られた偽シグマレディーとのバトルシーン。というか、ほとんどヒロインがヤラレっぱなしのフルボッコ展開だけど……。なお、DNA採取のために行われる本番シーン以外は、ほとんど巨大状態でマスクオン。そのため、エロシーン以外を含めても、本編中で川上ゆうさんの顔が見られる時間は少ない。彼女の顔だけが目当ての人には辛いかも。生おっぱいも少な目。

その他の見どころとしては、薄手の素材で女体感が出るタイプの巨大変身時コスチューム。顔が見えないだけに、ヒロインのビジュアルは非常に重要となってくるのだが、ウェットスーツやシースルー仕様よりも、これくらいが一番エロい気がする。マスクは……、まぁ普通。胸を鷲掴みにされるシーンが多く、悪役も怪獣なのに指の動きが機敏だったり、一本だけだけど触手も登場したりして、凌辱シーンはそこまで密度が高くないにも関わらず、まずまずのエロさ。

エロシーンまとめ

バトル

[11分]

怪獣出現! 主人公が地上からビーム銃で応戦するも、全く効かないから巨大化してシグマレディーへ変身。しかし、予想以上に手強い相手に大苦戦し、投げ飛ばされたりオッパイ揉まれたり。なんとか必殺技を出すが、あと少しのところで取り逃してしまい、仕方なく巨大化を解除。

DNA採取

[11分]

怪獣を取り逃し、一旦人間の姿に戻った主人公。しかし次の瞬間、目の前にいた怪人の攻撃を受け気絶。意識が戻ると同時に、怪人のチンポをバックで挿入されて、いきなり本番開始。騎乗位挟んで再びバックに戻り、いつのまにかDNA採取完了。とりあえず、川上ゆうさんの顔が見えるエロシーンはここだけ。

討伐

[12分]

シグマレディーのDNAを元に作り出された偽シグマレディーが出現し、ビルを破壊。主人公はすぐさま変身し、シグマレディー同士の戦いが始まる。案の定、偽物の方が強い上に、本来は怪獣を捕獲するために建設されたコスモタワーから放たれたトラップに捕まって、本物が大ピンチ。そして偽物からフルボッコ。

凌辱

[21分]

途中から怪獣も加わり、責め方がエロ方面へシフト。怪獣の指テクで濡らされたシグマレディーが、そのまま触手チンコを突っ込まれて、ハメられて、エネルギー切れで死亡。最後はタワーに磔にされて終了。