特撮AVにハマった!

特撮AVレビュー

ネタバレ注意!

ヒロイン凌辱 Vol.51 グラマー仮面 宮崎由麻

パッケージ画像

出演

  • 宮崎由麻(グラマー仮面)
  • 水嶋あい(鈴丘沙耶)

レビュー

ヒロイン凌辱シリーズ、今回の主役はグラマー仮面! そして舞台はもちろんサディスト学園。同士である忍者の一族を探しにやってきた若禿は、学園長から、彼らがグラマー仮面に討伐された事を聞かされる。同士を失い復讐の炎を燃やす若禿が、憎きグラマー仮面の正体を暴き、徹底凌辱でハメ倒す!

主演は"???"となっているが、その正体は宮崎由麻さん。ひとつ前の作品『スーパーヒロイン危機一髪 Vol.42』ではまだ顔出しされていなかった主人公だったが、今作では普通に顔出しで、エンドロールに名前も加わっている。そんな彼女が演じる双子の姉妹・明日香千尋が、早々とマスクを剥がされて正体がバレそうになるピンチや、凌辱された挙句結局正体がバレたりするストーリー展開。

作品的には普通の凌辱モノだが、宮崎由麻さん×グラマー仮面というベストキャスティングで、割と長尺の凌辱シーンをたっぷり楽しめるという事もあって、普通より3割増し!?

エロシーンまとめ

バトル

[10分]

やっつけ感がハンパない鈴岡ちょいエロの後、忍者若禿が登場しバトルに発展。必殺技のまる見えアタックが敗れ、逆に媚薬を仕込まれるグラマー仮面。さらに一戦交え、今度はマスクを切られてピンチに陥るが、助けに来た鈴岡の活躍でなんとか逃げ切る。ちなみに水嶋あいさんのエロはこのブロックのみ。

制服凌辱

[22分]

追ってきた若禿に捕まり再びピンチ。バトル時に仕込まれた媚薬が効きはじめて、体が敏感になってしまい、完全にグラマー仮面だと疑われる制服姿の明日香千尋。散々弄られまくってから、チンポ挿入される直前にグラマー仮面登場! 残念……。

グラマー凌辱・前半

[22分]

疑いが晴れるかと思いきや、双子のカラクリである事に気付かれてしまい、縄で拘束されて凌辱。手マンとクンニされまくった後、そのまま立バック状態で挿入。ハメられながら徐々にマスクを剥がされていき、素顔が露わとなって完全に正体がバレる。

グラマー凌辱・後半

[20分]

マスクオフとなっても尚、手足の自由を奪われたまま、宮崎由麻さんの柔軟な体を生かした体位で突かれ続ける。縄を解かれてからもバックと正常位でガッツリハメられ、ラストは顔射でフィニッシュ。そして……エンディングの後に若禿を倒し、ハッピーエンド。