特撮AVにハマった!

特撮AVレビュー

ネタバレ注意!

ヒロイン凌辱 Vol.63 鉄腕美女ダイナウーマン 新山かえで

パッケージ画像

出演

  • 新山かえで(ダイナウーマン)

レビュー

GIGAの人気シリーズ『ヒロイン凌辱』63作目の主人公は、鉄腕美女ダイナウーマン。演じているのは、このアメコミ風ヒロインに相応しいダイナマイトボディの持ち主、新山かえでさん。すでにたくさんの作品に出演しているが、これはその記念すべきGIGA初出演作品。

また、この作品には『大人の女性と少年』というショタっぽいテーマがあり、銃弾をも跳ね返す鋼鉄の体を持ったパワフルなスーパーヒロインが、弱々しい中学生にレイプされ、屈服させられるという、とても屈辱的な姿が描かれている。悪役の少年を演じているのはもちろんおっさんだが、がんばればそう見えなくもない薄い顔。しかも、役作りのためかパイパンになっており、少年役としてはあまり問題ない。

エロシーンまとめ

拘束

[15分]

チェーンに拘束された状態でのおっぱい揉みと手マン。仕事に追われ、ろくに恋愛もせず体が敏感になってしまった事を心の声で後悔しながら喘ぐ、そして叫ぶ。子宮の中にミニ電マを埋め込まれ(もちろん疑似)、少年が下半身をむき出しにしたところで、本気を出し隙を突いて脱出!

拘束レイプ

[25分]

一度は逃げ出すも、再び捕まってしまい拘束。少年にキスをされた後、服を捲られ、露わになった豊満なおっぱいをひたすらむさぼられる。押し倒されてクンニで愛撫され正常位で挿入。顔や背中を踏まれながら、フィニッシュはバックで中出し。屈服した証としてお掃除フェラもさせられ口内発射。身も心も少年の手に堕ち、熱いベロチューを交わす。

快楽堕ち

[4分]

最後のおまけ程度のシーン。少年の手下と騎乗位でハメながら別の手下にフェラ。口に出された後、自ら腰をガンガン振りまくる。